*

任意保険の対物全損時修理差額費用特約

任意保険の対物全損時修理差額費用特約

 対物全損時修理差額費用特約は、対物事故の場合に、相手の車の修理代がその車の時価額を上回り、その差額を負担しなければいけない場合の補償をしてくれる特約です。

対物賠償保険は、相手の車や財物の購入時の価格ではなく、現時点での時価額でしか補償を受けることができません。たとえば、事故を起こし相手の車の修理代が100万だったとしても、その車の時価額が80万円なら、対物賠償保険からは80万円までの補償額しか支払われません。

また、対物賠償保険での補償は、双方の過失割合に応じて支払われるものですから、過失割合が5対5の場合なら、対物賠償からは、時価額の50%までしか保険金は支払われない事になり、実際の修理費との間に差が開いてしまいます。

このような、相手の車の修理代と賠償額の差を埋めてくれるのが「対物全損時修理差額費用特約」という事になります。

対物全損時修理差額費用特約の補償内容

車の修理費が、相手の自動車の時価額を超えてしまった場合に、対物賠償の保険金と時価額の差を補償してくれます。なお、補償限度額は50万円となっている場合が多くなっています。

対物全損時修理差額費用特約の概要

  • 修理代が相手の車の時価額を超えた場合に差額を補償
  • 保険金の支払限度額は50万円
  • 双方の過失割合に応じて減額
  • 相手が事故の翌日から6ヵ月以内に修理しなかった場合は、保険金が支払われない

対物賠償及び対物全損時修理差額費用特約は、それぞれの過失割合の応じて減額されますので、相手の車の修理代がすべて補償されるわけではありません。

過失割合:5対5の場合(自分:相手)
相手の車の修理代:150万円
相手の車の時価額:100万円
修理代と時価額との差額:50万円
対物賠償保険金:50万円
対物全損時修理差額費用特約の保険金:25万円
対物賠償保険金+対物全損時修理差額費用特約の保険金の合計:75万円
過失割合:7対3の場合(自分:相手)
相手の車の修理代:200万円
相手の車の時価額:100万円
修理代と時価額との差額:100万円
対物賠償保険金:70万円
対物全損時修理差額費用特約の保険金:50万円
対物賠償保険金+対物全損時修理差額費用特約の保険金の合計:120万円

対物全損時修理差額費用特約の補償額は、上限が50万円と大きな金額の補償ではありませんが、この補償を付帯している人もかなりの数いるようです。

保険会社によって、付帯率に大きな差が出ていますが、上記の例にした「損保ジャパン」の場合では、平成24年時点で79.0%の人が付帯しているようです。

補償額は小さいですが、修理代が時価を超えてしまった場合の役には立ちますので、この特約を付帯するか検討してみてもいいでしょう。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑