*

自動車保険の長期契約は得なのか損なのか?

自動車保険の長期契約は得なのか損なのか?

自動車保険は1年ごとの契約期間になっているのが一般的ですが、代理店型・通販型の別を問わず契約期間を2年以上の長期で用意している保険会社もあります。

保険に限らず、長期で契約すれば割引が大きくなると言うのが普通ですが、自動車保険の場合はどうでしょうか?また、長期で契約した場合のメリットやデメリットには何があるのでしょうか?

ここでは、「2年以上の長期契約」のメリット・デメリットをみていきます。

2年以上の長期契約のメリット・デメリット

長期契約は2年以上の契約のことを言いますが、保険会社の中には最長で7年(保険料を分割払いする場合は3年)の長期契約を用意している所もありますが、一般的には3年で契約する人が多いそうです。

長期契約した場合の保険料の支払いは、保険期間分の全額を支払う一時払い、1年ごとに支払う年払い、分割で支払う月払いなどを利用することができます。

なお、損保ジャパンの長期契約の場合は、年払いと月払いを利用することができます。

長期契約のメリット

  1. 割引率が高く保険料が安くなる
  2. 事故で保険を使っても翌年の等級に直ぐに反映されない
  3. 保険料の値上がりも直ぐには影響しない
  4. 途中で解約をしても違約金は発生しない

保険料は長期契約の方が安くなる

長期契約の場合は、数年間分の契約となりますので、割引率が高く保険料は安くなります。

たとえば、3年間無事故を継続した場合の、1年契約と3年契約の等級と保険料は下記のようになります。

見積りした時の条件は、代理店型、等級:10等級、年齢条件:35歳以上補償、免許:ゴールド免許、使用目的:日常レジャー、対人・対物:無制限、人身傷害保険:5千万円、搭乗者傷害保険:1千万円、車両保険:一般車両型、免責:0-10万円

契約 1年目 2年目 3年目
3年
(長期契約)
10等級
88,830円
10等級
77,010円
10等級
69,180円
1年
(単期契約)
10等級
88,830円
11等級
78,170円
12等級
69,220円

※ 保険料は、代理店型の保険会社より参照しました。

上記のように、初年度は1年契約でも長期契約でも同じになりますが、2年目以降は長期契約の方が保険料は安くなります。

なお、長期契約の場合、等級は3年間固定され、3年経過後の4年目に13等級として更新することになります。

事故で保険を使っても等級が下がらない

長期契約の契約期間中に事故を起こした場合でも、その期間中は等級が下がる事はありません。

たとえば、10等級の人が3年の長期契約で自動車保険に入った場合、保険加入直後に事故を起こしても、翌年の等級は下がることはなく10等級を維持することができます。

通常であれば、翌年の等級は3等級ダウンし7等級になりますが、3年の長期契約のため2年目に当たる翌年の等級は下がりません。

つまり、3年間は現在の10等級が維持され、3年契約満了後の次回の更新時に9等級として更新できます。(3年間の間に2等級分が戻るため実質1等級しかダウンしません)

たとえば、契約1年目に事故を起こした場合の、1年契約と3年契約の等級と保険料は下記のようになります。

契約 1年目
(事故)
2年目 3年目 4年目
3年
(長期契約)
10等級
86,830円
10等級
77,010円
10等級
69,160円
9等級
1年
(単期契約)
10等級
86,830円
7等級
113,520円
8等級
96,730円
9等級

※ 保険料は、代理店型の保険会社より参照しました。
※ 見積り条件は上記のものと同じです。

このように、契約1年目でダウン事故を起こした場合、1年契約では翌年の等級が3等級ダウンすると共に保険料も大幅にアップしますが、長期契約の場合は、契約期間中は事故を起こしても等級がダウンしないため、翌年の等級や保険料が変わることはありません。

保険料の値上がりも直ぐには影響しない

保険を使っていないのに保険料が高くなったとか、昨年の保険料とたいして変わらないなど、等級がアップするのと連動して安くなっていくハズの保険料が高くなったように感じることがあります。

これは、保険料そのものが消費税の増税などの影響で値上がりするためや、損害率(保険料収入と保険金支払いの比率)が悪化したことによる、保険料の値上げがあるからです。

1年契約の場合は、これら増税などの影響が翌年の保険料に直ぐに反映され、保険料が上ってしまいます。

しかし、長期契約の場合は、「契約時の契約条件が維持される」ということですので、契約期間の途中で増税となっても、その影響が直ぐに保険料に現れないのです(契約期間中は保険料が変わらない)。

途中で解約をしても違約金は発生しない

長期契約の場合、心配になるのが契約期間の途中で解約や休止したときに「違約金」が発生するのではないかという事でしょう。

しかし、長期契約を途中で解約したとしても、携帯電話の場合のような違約金が発生することはありませんので、保険料の安い保険会社へ乗り換えるといった場合でも支障なく保険会社の切り替えを行うことが可能です。

ただし、長期契約の解約で違約金の発生しない種類の契約の場合となりますので、解約を検討している方は、いま加入している契約が途中解約が可能なタイプなのか確認する必要があります。

長期契約のデメリット

長期契約の場合も、良い事ばかりではなくデメリットも存在します。

  1. 途中でゴールド免許になっても割引が受けられない
  2. 支払方法を変更することができない
  3. 安易に保険を使いすぎてしまう

長期契約の期間中に免許の色がゴールドになっても、その期間中は「ゴールド免許割引」を利用することができません。

これと同様に、支払方法を契約時に決めた方法から変更することができません。

たとえば、契約期間の途中から「年払い」であった支払方法を「月払い」に変更することはできませんので、契約時に無理のない支払方法を選択する必要があります。

なお、ゴールド免許割引を契約期間の中途から適用できる保険会社もあるようですが、今回、例として使用した損保ジャパンの場合は、途中からの適用はできません。

長期契約の場合は事故で保険を使っても、その契約期間中は保険を使ったことによる等級ダウンがありませんので、等級が下がらないという安心感から、つい安易に保険を使いすぎてしまう可能性があります。

たとえば、長期契約の期間中にダウン事故を2回起こしたとします。

2回ダウン事故(3等級下がる事故)を起こせば、合計で6等級下がることになります。長期契約の契約期間中は等級が下がることはありませんが、契約満了時の次回更新時には等級が一挙にダウンし保険料が極端に上ってしまいます。

この辺は、1年契約と違って、事故による等級ダウンが直ぐに表面化してきませんので、気をつけたい部分です。

なお、年齢条件などの契約時の条件が変更になった場合は、長期契約の場合でも直ぐに反映させることが可能となりますので、保険会社に連絡して手続きすると良いでしょう。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑