*

事故に遭った時に相手が任意保険に入っていなかったら

事故に遭った時に相手が任意保険に入っていなかったら

自動車事故に遭って被害者になった場合、事故の相手の自賠責保険と任意保険から補償を受けることができますが、まれに任意保険に加入していない人との事故に巻き込まれる事があります。

通常、事故に遭えば、相手の自賠責保険で補償され、それでも不足する分は任意保険から保険金が支払われます。

しかし、車を運転する人の2割程度は任意保険に加入していないというのが現状ですので、そういう無保険車との事故に巻き込まれないという保証はありません。

このように、任意保険に入っていなかったり、以前は入っていたけど今は切れているといった人との事故の場合は、自賠責保険からしか補償を受ける事ができず、それを超える部分については加害者本人に請求するしかないのが現実です。

なお、自賠責保険で補償される額は以下の通りです。

  • 死亡: 最高3,000万円
  • 後遺障害: 最高4,000万円
  • 傷害: 最高120万円

自賠責保険では上記の額が補償されますが、補償額は最低限のもので、かつ、対人補償(人身事故)のみですので、建物やガードレール、信号機、電柱、門や塀などが壊れた場合の物損事故は補償の対象外となります。車の修理費なども補償されません。

ただし、自分も自動車保険に加入していて、その保険に「無保険車傷害保険(※)」や「人身傷害補償保険」を付帯している場合は、その保険から補償を受ける事ができます。

たとえば、人身傷害補償保険の場合は、自分も含めて入院や通院のためにかかった治療費(日数は関係ありません)、休業補償、慰謝料の全額を契約金額の範囲内で補償してくれます。

さらに、契約車以外の車に乗っているときの事故や、歩行中に自動車事故により死傷した場合でも補償の対象になります。

なお、人身傷害補償保険を使っても等級に影響(※)することもありませんので、任意保険を契約する際には付帯しておきたい補償です。

保険料もそれほど高くありませんので、検討してみると良いでしょう。

※ 事故に遭って人身傷害保険を使っても、保険会社はノーカウント事故(事故としてカウントしない)として扱いますので、保険を使ったことによる等級ダウンはありません。

※ 無保険車傷害保険は、任意保険を契約すると自動的に付帯となる保険です。

自賠責保険も切れていたら

加害者の自賠責保険も切れていたという場合は、最後の砦として「政府保障事業」へ請求して補償を受けるしかありません。

自動車損害賠償保障事業:ひき逃げや無保険車との事故を救済する制度

政府保障事業の場合の補償額は、概ね自賠責保険の場合と同じ程度となっています。請求する場合は、事故証明がなければ認められない場合がありますので注意しましょう。

請求に関しては、全国の損害保険会社や農協等の窓口で受け付けていますので、必要になった場合には問い合わせてみると良いでしょう。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑