*

自動車保険の使用目的は変更が必要なの?

自動車保険の使用目的は変更が必要なの?

自動車保険に加入する時には「車の使用目的」について申告します。

使用目的は、自動車保険の保険料を決めるための一つの要素になっていますので、申告した当時から「使用目的」が変わった場合は、保険会社に連絡を入れて変更をしなければいけません。

一般に「車の使用目的」は以下の3通りに区分されています。

  1. 業務使用:
    定期的に業務(仕事)に使用する場合(年間を通じて月15日以上)
  2. 通勤・通学使用:
    運転者本人が通勤や通学に、年間を通じて月15日以上使用する場合(最寄り駅への送迎は含みません)
  3. 日常・レジャー使用:
    「業務使用」および「通勤・通学使用」のいずれにも該当しない場合(普段の買い物や休日のドライブなど)

となっていて、下に行くに従って保険料は安くなっています。

一番保険料の高い「業務使用」と、最も保険料が安い「日常・レジャー使用」の保険料の差は、年間で1万円程度になる事もあります。

車の使用目的の変更が必要な場合とは、たとえば、通勤・通学で使用していたが、地下鉄やバスなどの公共交通機関に切り替えたため、通勤・通学で使わなくなった、もしくは、日常・レジャーで契約していたが、通勤や通学で使うようになったなどです。

このように何らかの事情で、車の使用目的が変更になった場合は、支払わなければいけない保険料に影響してきますので、変更の手続きをしておくと良いでしょう。

もし、変更をしないまま車に乗り続け事故を起こした場合、保険金が支払われない可能性もありますので、忘れず変更手続きをしてください。

変更をする場合は、保険会社の担当者に電話連絡するか、カスタマーセンターに連絡すれば手続きできます。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑