*

飛び石でフロントガラスが割れた場合に車両保険は使える?

飛び石でフロントガラスが割れた場合に車両保険は使える?

車を運転していると、どこからか小石などが飛んできて窓ガラスに衝突する事がたまにあります。

衝撃が小さければ、それほどダメージはないかもしれませんが、運悪くフロントガラスに勢い良く衝突したような場合には、窓ガラスが割れてしまい、修理代もけっこうな金額がかかってしまうことになります。

では、こんな時に車両保険は使えるのでしょうか?

車両保険は大きく分けて、補償の範囲が一番広い「一般車両(一般条件)」と、一般車両から「単独事故」と「当て逃げ」の補償を除いた「エコノミー(車対車A)」の2種類に分類されます。

エコノミーは、補償範囲が一般車両より狭いものの、保険料が安くなるという利点があるため、このタイプに入っている方も多いようですので、ここではエコノミータイプで「飛び石や石ハネで窓ガラスが割れた場合」に補償されるかみていきます。

まず、エコノミータイプの補償範囲を確認しておきます。

車対車の衝突、落書き、盗難、火災・爆発、台風・竜巻・洪水、落下物・飛来物との衝突 、窓ガラスの破損、いたずら、騒じょう・労働争議

などが補償されますので、フロントガラスなどに飛び石して割れた場合でも補償の対象になります。(当然ながら一般車両型でも補償されます)

ちょっとしたキズの場合は自腹で直してもいいのですが、窓ガラスが割れた場合には修理代も大きくなりますので、こういう場合には車両保険が役に立ちます。

エコノミータイプの場合であれば、保険料も極端に高くなる事はありませんので、万一のために検討してみると良いでしょう。

なお、飛び石のように、運転者自身ではどうしようもない事故の場合には、保険を使っても「1等級ダウン事故」として扱われ、1等級しか等級は下がりません。

飛び石などの事故は、以前は、等級据え置き扱いとなっていましたが、保険制度が変わったため、現在では「1等級ダウン事故」となっています。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑