*

中古車に車両保険は必要なのか?

中古車に車両保険は必要なのか?

中古車で任意保険に入る場合、車両保険が必要かどうかけっこう悩むものです。

新車や高級車の場合は、高いお金を出して買ったので、躊躇なく付ける方が圧倒的に多いのですが、中古車の場合はどうでしょうか?

まず、多少キズが付いても小さな凹みができても気にしないという方は、修理する必要もありませんので、このような人には、車両保険は必要ないかもしれません。

また、大雨やゲリラ豪雨などで車が水没して全損になった場合でも、買い換える経済力のある人も車両保険は必要ないでしょう。

ですが、一般的にはローンで中古車を購入する場合が多いと思いますので、全損になってしまえばローンだけが残ってしまいます。このような場合に、車両保険に入っていれば車両保険の保険金をローンの返済に充てる事ができます。

こういう万一の時に車両保険は頼りになりますので、原則、車両保険は付けた方が良いでしょう。ただし、付ける場合でも、車両価格と保険料のバランスを考えながら検討することです。

車両価格と保険料のバランスを考えて

車両保険には、いくつかのタイプがありますが、単独事故や当て逃げなどの補償は無くても良いというなら「エコノミー」タイプの車両保険で十分です。

車両保険には、大きく分けて次の3種類があります。

  1. 一般車両:車の損害をほぼ全て補償
  2. エコノミー:一般車両から「当て逃げ」と「単独事故」の補償を除く
  3. 車対車:車同士の事故の場合のみ補償

保険料に関しては、上記の下にいくにしたがって安くなります。

エコノミータイプであれば、保険料も一般車両型の約半分程度となりますので、一度、自分の車に車両保険を付けた場合の見積もりをしてみるといいでしょう。

古い中古車の場合は、車両保険で設定できる保険金額は数十万円程度です。

たとえば、20万円や30万円くらいの中古車に車両保険を付けても、設定できる保険金の額は20万円前後程度にしかなりません。年式が古く市場価格が低い場合は、保険金に大きな金額を設定できないからです。

事故のときに最高で20万円の保険金を受取るために、車両保険に年間数万円の保険料を支払うのは価値的なのかということを考える必要はあります。

事故で車両保険を使う場合

たとえば、30万円の車に車両保険を付けた場合の保険金の設定額が10万円だったとします。この場合に、過失割合5対5の事故で車が壊れ、自分の車の修理代が20万円かかることになったとします。

そうすると、壊れた車の修理費用として受取れるのは

  • 相手の保険から10万円の保険金が受け取れます
  • 自分の車両保険から10万円の保険金が受取れます

となり、双方の保険金で車は修理できます。

ただし、車両保険に免責金額を設定している場合はこの限りではなく、免責金額を5万円としていれば、車両保険からは5万円しか支払われませんので、残りは自分で用意しなければいけません。

一般的に車両保険に入る場合は、保険料を安くするために5万円や10万円などと免責金額(保険金を支払わなくてもよい額)を設定しますので、その設定額によっては、車両保険から保険金が支払われないという場合もあります。

また、車両保険を使うことで等級が1等級~3等級下がり、翌年の保険料が大幅に高くなりますので、そのことも考えておかなければいけません。

上記の例では、30万の車に車両保険を付けて、自分の車両保険から受取れるのは10万円(免責なしの場合)であれば、支払う保険料の事や、来年には上るであろう保険料の事を考えあわせると、あまり車両価格の高くない車の場合は、車両保険は必要ないと言えるでしょう。

車両保険なしで年間保険料5万円、車両保険を付けて年間保険料10万円であれば、車両保険を付ける意味が無いようにも感じます。

ただし、中古車でも車両価格が100万円以上もする車の場合は、新車と同様に車両保険も必要でしょう。エコノミータイプでも良いので加入しておくと安心です。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑