*

車両保険で補償される範囲はどこまで?

車両保険で補償される範囲はどこまで?

車両保険にはいくつかのタイプがあって、そのタイプにより補償される範囲は違ってきます。

最も補償範囲が広いのは「一般車両」で、少し補償範囲を狭くして保険料を安くしたのが「エコノミー」や「車対車」と言われるタイプです。

車両保険で補償される範囲は、タイプごとに以下の通りとなります。

一般車両
「一般条件」や「ワイドカバー」と呼ばれる事もあります。補償範囲は最も広く、車対車、火災・落書き・台風、盗難、車庫での水災、単独事故・当て逃げなどが補償の対象になります。
エコノミー
「車対車A」や「限定車両」、「限定カバー」と呼ばれる事もあります。補償範囲は、車対車、火災・落書き・台風、盗難、車庫での水災などが補償の対象になります。(単独事故・当て逃げは補償されません)
車対車
車対車の事故の場合のみ補償の対象になります。

上記のように、下に行くにしたがって補償範囲は狭くなりますが、反面、保険料は安くなっていきます。

車両保険は、損害を受けた自分の車を修理するための保険ですが、事故で自分の車が損害を受けた場合は、車両保険に入っていなくても相手の任意保険(対物倍賞保険)で補償される部分もあるため、必ずしも車両保険は必要ないかもしれません。

ただし、支払われる保険金の額は双方の過失割合に応じて減額されるので、車の修理代全額が補償されない可能性はあります。

車両保険は自然災害や当て逃げ、盗難、イタズラに遭った時にも役立ちます。

脇見して電柱やガードレールに衝突した、崖から転落したなどの自損事故や単独事故、駐車場で当て逃げされた、大雨や洪水で車が水没した、などによって車を修理しなければいけない場合は、車両保険が役立ちます。

まとめ

新車や高級車であれば修理代なども高額になりますので、車両保険の一般車両型を付帯しておくと安心です。

新車で購入してから何年も経つ車、安く買った中古車の場合には、必ずしも車両保険は必要ないと思いますが、自分は運転が苦手で、単独事故をよく起こすという場合は、車が古い場合でも車両保険に入っておくと良いでしょう。

ただし、車両保険を契約すると保険料は高くなりますので、保険料にかけられる予算と相談して決めてください。

車両保険を付けた場合と、車両保険を付けない場合の両方の保険料を見積もって、どの程度の差がでるかも判断する際の材料とすると良いでしょう。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑