*

保険会社によって任意保険の保険料が違うのはなぜ?

保険会社によって任意保険の保険料が違うのはなぜ?

保険会社は、いろいろなリスク(事故を起こすかも知れないリスク)を判断して保険料を決めていますが、このリスクに対する考え方は、保険会社ごとに違います。

そのため、同じ条件で見積もりをしても異なる結果になる場合が多いのです。

近年の自動車保険はリスク細分型といって、いろいろなリスクを考慮しながら保険料を算出していきます。たとえば、同じ年齢で運転歴や事故歴などが同じでも、乗っている車の車種・型式が違えば、保険料に差が出てくるという具合です。

これは、全国的にみて事故を起こしやすい車種・型式と、そうでない車種・型式があるため、事故を起こしやすい車種はリスクが高いと判断され、保険料が高く設定されるのです。

では、保険会社によって保険料に差が出るのは何故なのでしょう?

それは、リスクに対する保険会社の考え方の違いからきています。

等級、年齢、用途、年間走行距離、車種・型式などの諸条件が異なっていれば、当然のことですが保険料に差が出ます。しかし、これらの条件が同じであっても保険会社によって保険料は違ってきます。

等級、年齢、用途、年間走行距離などに対するリスク基準が、保険会社によって異なるため、こられによって算出される保険料にも違いが出てくるのです。

また、保険会社の内部経費が多いか少ないかも、保険料に影響してくる要因の一つとして考えられます。

そういう訳で、自動車保険を選ぶ際は、いろいろな保険会社で見積もりしながら、補償内容やロードサービス、事故対応なども考慮して最適な保険を見つけることが大事になります。

保険料を算出する基準は

保険会社が保険料を決めるために使用しているのが、「損害保険料率算出機構 参考純率区分要素」という指標のようなものです。これによると、大まかに以下のように7つの項目について評価するようになっています。

保険料を決める時のリスク確認ポイント

  1. 用途・車種
  2. 型式別料率クラス
  3. 新車・新車以外
  4. 保険金額など
  5. 年齢
  6. 等級
  7. 運転者限定

これらのポイントを基本に、免許証の色(ゴールド免許・ブルー免許・グリーン免許)や、住んでいる都道府県はどこかなども考慮して、保険料は算出されます。

保険料は、上記のリスクを個々に評価しながら算出されるのですが、保険会社によって、それぞれのリスクに対する考え方や重要度が異なりますので、必然的に保険料にも差が出てくる事になります。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑