*

自動車保険会社を乗り換えたらいままでの等級割引はどうなるのか?

自動車保険会社を乗り換えたらいままでの等級割引はどうなるのか?

自動車保険の等級は、保険会社を乗り換えた場合でも継続されますので、等級による割引や割増もそのまま引き継がれます。

民間の保険会社間はもちろんの事、JA共済、マイカー共済などの自動車共済へも等級を引き継ぐ事はできます。

ただし、すべての共済へ引き継げるという事ではなく、一部の共済へは引き継ぐ事ができないので、保険会社の乗り換えで共済に加入する場合は、等級が引き継げるのか確認すると良いでしょう。

保険会社を乗り換えるタイミングは、前契約の満期日に合わせて新契約をスタートさせるのが良いでしょう。

この場合、満期の翌日から7日以内に手続きしなければ、等級が引き継げなくなりますので、注意しなくてはいけません。

もし、手続きが遅れれば、また6等級(新規で契約する場合の等級)からのスタートになってしまい、せっかくの等級割引が無駄になってしまいますので、気をつけましょう。

等級が引き継げるという事は、1等級~5等級までの保険料が割増される等級の場合も、そのまま継続される事になります。つまり、こういう割増等級の場合、保険会社を換えたからといって、等級がリセットされるわけではありませんので、したがって割増率も変わりません。

等級がリセットされるのを待つのであれば、13ヶ月以上の期間が必要になりますが、その間は、自賠責保険だけで車に乗らなければいけなくなります。

もし、その間に大きな事故を起こせば損害賠償責任すら果たせなくなってしまいますので、このような危険な行為はやめておいた方が無難でしょう。

また、以前に保険に加入していた事を内緒にして加入したとしても、保険会社では契約者情報の照会を、すべての保険会社のデータを管理している機関に対して行いますので、以前の等級を隠して保険に加入する事はできません。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑