*

示談交渉は保険会社がやってくれるの?

示談交渉は保険会社がやってくれるの?

自動車事故を起こした場合には、お互いの損害の程度などを、事故の相手と話しあいをし解決していきますが、この話し合いの事を示談交渉と言っています。

加害者と被害者で話し合いを行う場合は、当事者同士ですから感情的になる事もあるでしょうし、それぞれの言い分もありますので、なかなか話し合いが上手く進まない事もあって気が重いものです。

しかし、自動車保険に加入していれば、保険会社が示談交渉を代行してくれる示談交渉サービスが付いているのが一般的ですので、事故を起こした当事者同士が示談の話し合いをする事はありません。

つまり、事故の示談交渉については、保険会社に任せておけば良いという事になります。

ただし、どんな事故の場合でも、示談を保険会社がやってくれるかと言うと、そうではありません。こちらに過失が無い事故の場合は、示談交渉サービスは使えないのです。

示談交渉サービスを使えるのはどんな時

示談交渉サービスを使えるのは、「対人賠償保険や対物賠償保険」に関わる事故の場合だけとなっていて、もらい事故などの、こちらに過失が無い事故の場合は、示談交渉を保険会社に代行してもらう事ができません。

こういう自分の「過失割合がゼロ」のような場合は、示談を自分でするか、もしくは弁護士などに依頼することになります。

自分で示談交渉をしてもいいでしょうが、お互いの言い分ばかり言いあって、示談が全然前に進まないという事だってあります。相手が、示談に応じないという可能性もあります。

また、弁護士に依頼するとなれば、弁護士費用がかかってしまいますので、その費用負担を考えると、なかなか決断できない場合もあるでしょう。

こういう場合に役に立つのが、任意保険の「弁護士費用特約」です。

殆どの自動車保険で提供されている特約で、こちらに非のない事故で弁護士に示談を依頼する場合に、その費用を補償してくれます。また、法律相談をする場合も利用できます。

特約を付帯していなければ、弁護士費用は自己負担になってしまいますので、上記のような場合も想定して、この特約を付けておくと良いでしょう。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑