*

運転者家族限定特約の家族の範囲とは?

運転者家族限定特約の家族の範囲とは?

運転者家族限定特約の家族の範囲とは、どこまでの範囲を言うのでしょうか?

自動車保険では、契約車の運転者を限定する事で保険料を安くする事ができますが、この運転者を限定する事を「運転者限定」と言い、その中の一つが「運転者家族限定」になります。

運転者限定には、この他にも「本人限定」や「夫婦限定」などの種類があり、それぞれの割引率で保険料が割り引かれます。

本人限定や夫婦限定の場合は、読んで字のごとくですが、家族限定の場合は以下のように家族の範囲を限定しています。

家族限定特約の家族の範囲

  1. 記名被保険者
  2. 記名被保険者の配偶者(内縁を含む)
  3. 記名被保険者、またはその配偶者の同居の親族
  4. 記名被保険者、またはその配偶者の別居の未婚の子

「記名被保険者(通常、契約者本人)」、「配偶者」、「記名被保険者や配偶者の同居家族」、「記名被保険者や配偶者の別居の未婚の子供(結婚歴があると不可)」までが、家族限定特約の家族の範囲になります。

ただし、保険契約書の「主な運転者」の欄に被保険者以外の名前を記入した場合は、「主な運転者」の配偶者、同居の親族、別居の未婚の子が補償の対象となります。

たとえば、父・母・息子・娘の家族4人が一緒に暮らしている場合は、全員が家族限定特約の家族となります。

家族4人で暮らしていたが、息子が会社の近くに引越し一人暮らしを始めた場合でも、独身でいる限り「別居の未婚の子」に該当するため補償の対象になります。

ですが、息子が結婚をした場合は「別居の未婚の子」に該当しなくなりますので、家族限定特約の家族の範囲から外れてしまう事になります。もし、この状態で車を運転し事故を起こしても、保険金は受取れませんので注意しなければいけません。

また、この家族の範囲から外れる友人や知人などが、車を運転し事故を起こしても、家族限定が付いている限り、補償の対象にはなりません。

なお、運転者家族限定を契約時に選択した場合の保険料割引率は、保険会社で異なりますが「3~8%」程度となっているのが一般的です。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑