*

レンタカーを運転し事故を起こした場合の補償は?

レンタカーを運転し事故を起こした場合の補償は?

レンタカーを運転して起こした事故の補償はどうなるのでしょうか?

レンタカーの場合は、レンタカーの会社が自動車保険に入っていますので、事故を起こした場合は、その保険が適用され補償されます。

ただし、レンタカーの自動車保険で補償されない免責金額分は、自己負担しなければいけません。免責金額は、対物や車両などに設定されていて、以下のような金額になっています。

  • 対物: 50,000円
  • 車両: 50,000円(バス・大型貨物車の場合は10万円)

レンタカーで事故を起こした場合は、この免責金額分の支払を要求されます。ただし、「免責補償制度」に加入した場合は、免責額ゼロとなり、上記の免責額は免除されます。

免責補償制度への加入は、レンタカーを借りる時に、「免責補償」を付けるかどうかを聞かれますので、免責をゼロにしたい場合は、この時に加入すれば良いでしょう。

なお、免責補償制度の保険料は税抜き金額で1,000円程度(24時間)になっています。

保険で補償されない場合

通常の事故の場合は、レンタカーの保険が適用されますが、以下のような場合では保険金が支払われない事もありますので、注意してください。

なお、以下の記述は「トヨタレンタリース」を参考にしています。

  1. 事故を警察に届けなかった場合(事故証明がない場合)
  2. 出発時に申し出た人以外の人が運転して起こした事故
  3. 無免許運転による事故
  4. 酒気帯び運転による事故
  5. 借受期間を無断で遅滞して使用した場合の事故
  6. その他レンタリース貸借約款に掲げる事項に違反があった場合など(たとえば、キーを車内に放置していて盗難にあった場合)

このような場合には、事故を起こしても保険金が支払われませんので、レンタカーを借りる場合は気をつけると良いでしょう。

特に上記の2番目の「出発時に申し出た人以外の人が運転して起こした事故」については、ついやってしまいそうな事ですので、レンタカーを運転する時は気をつけなければいけません。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑