*

タイヤのパンクで車両保険は使えるの?

タイヤのパンクで車両保険は使えるの?

自分の車のタイヤがパンクした場合、自動車保険の車両保険でカバーしてもらえるのでしょうか?

ひとことにタイヤのパンクと言っても、いろいろな状況が考えられますので、その状況によって車両保険を適用できるかどうかが決まります。

走行中にパンクする場合や、いたずらなどでパンクさせられる場合もあります。また、火災などで焼けてしまう事もあります。

このように、いろいろなケースが考えられますが、基本的に、他の部位と同時に損害を受けた場合に、車両保険で補償される事になります。

車両保険が使えない場合使える場合

車両保険で補償されない場合

車両保険は自分の車の修理代を補償するための保険ですが、タイヤがパンクしただけでは使えないのが普通です。

たとえば、走行中にガラスの破片や釘を踏んでしまった場合や、駐車中に悪意をもって刃物などで切られパンクした場合でも、車両保険では補償の対象外になります。いくら1本数万円もする高価なタイヤの場合でも同じです。

これは保険会社の約款の中に「被保険自動車の他の部分と同時に損害を被った場合または火災もしくは盗難によって損害が生じた場合を除き、タイヤ(チューブを含む)に生じた損害は除外します」と書かれていますので、タイヤ単体のパンクは補償の対象にならないのです。

というわけですので、単にタイヤがパンクしただけでは補償されないと言う事になります。

車両保険で補償される場合

ではタイヤが車両保険で補償される場合とは、どのような時でしょうか。

上記の保険会社の約款の中でも触れられていますが、「他の部分と同時に損害を被った場合または火災もしくは盗難によって損害が生じた場合」は、タイヤについても補償されるという事になります。

たとえば、タイヤが盗難にあう場合は、普通ホイールも一緒に盗難にあいます。ホイールを残してタイヤだけ盗んでいくという事は稀なケースです。このような場合には、ホイールとタイヤの分が補償の対象になります。

ただし、高価なホイールやタイヤを装着していた場合でも、そのタイヤやホイールの時価で評価され補償されますので、買った時の金額が全額補償されるわけではありません。

また、「他の部分と同時に」という事ですので、たとえば、タイヤと一緒にボディーも損害を受けた場合は、タイヤもボディーも補償の対象になると言う事になります。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑