*

1等級になると自動車保険の更新や新規加入ができなくなる?

1等級になると自動車保険の更新や新規加入ができなくなる?

自動車事故を何回も起こし保険を使うと、等級(ノンフリート等級)は下がり続け、しまいには1等級になってしまいます。

こうなると、自動車保険の更新はおろか、他社への乗り換えも出来なくなる恐れがでてきます。

任意保険(自動車保険)へ新規に加入する際は、等級は6等級から始まり、1年間を無事故で過ごせば(事故を起こしても保険を使わなければも含む)、翌年は等級が1段階上がり7等級になります。そして、その後も無事故を継続していれば、最終的には20等級まで上がっていく事になります。

ですが、対人事故や対物事故などの自動車事故で保険を使えば、等級が一挙に3等級下がってしまいますので、何回も事故を起こしていれば、しまいには等級が1等級となってしまいます。

もし、1等級となってしまったら、保険会社に「よく事故を起こす人」と判断され、自動車保険の更新を拒否される可能性が高くなってしまいます。

また、保険料についても、仮に6等級の人が事故を起こし3等級に下がった場合は、保険料も12%の割増になってしまいます。そして、元の等級に戻るのに3年(事故を起こした年も含めると4年)かかる事になります。

同じように、1等級の保険料は64%の割増になり、元の6等級に戻るには6年(事故を起こした年も含めると7年)もかかってしまいます。

1等級でも受け入れてくれる保険会社を探す

もし、1等級となり自動車保険の更新を拒否されたら、1等級であっても受け入れてくれる保険会社を探すしか方法はありません。

保険会社によっては、1等級の人でも対人賠償保険と対物賠償保険のみという条件付きで受け入れてもらえる事があります。探す手間はかかりますが、あきらめずに受け入れてくれる保険会社をみつけてください。

なお、受け入れてもらえる可能性が高いのは、代理店型の保険会社のようです。

受け入れてくれる保険会社が見つかった場合でも、新しく6等級からスタートするわけではなく、現在の等級がそのまま引き継がれます。

仮に1等級だとすれば、そのまま1等級として引き継がれますので、保険料についても相当高くなると考えなければいけません。

ただし、任意保険が切れた後に13ヶ月以上の時間を空けて保険に入り直すと、等級がリセットされ、次に任意保険に入る場合は、6等級からのスタートとなります。

13ヶ月以内だと、そのままもとの等級が引き継がれますので、受け入れてくれる保険会社が見つからない場合、または今の保険会社で更新ができなかった場合は、しばらく時間を空けるしかありません。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑