*

20歳以下10代の保険料を安くする方法

20歳以下10代の保険料を安くする方法

自動車保険には、免許を取れる年齢である18歳から入ることができます。

ですが、20歳以下の10代で自動車保険を契約しようと思えば、保険料はかなり高くなってしまいますので、保険料の負担は大きなものとなります。

具体的に年齢は20歳以下ですので、18歳、19歳、20歳までの範囲です。

そうは言っても自動車保険に入らないわけにもいきませんから、なんとか保険料を安くする方法を考えてみたいと思います。

20歳以下の保険料相場はどれくらい

まず、20歳以下で自動車保険を契約した場合に、どのくらいの保険料になるのか「自動車保険シミュレーション」というサービスを使って出た結果をみてみます。

見積もりをしたときの条件は
年齢-20歳以下、等級-6等級(初めての場合は6等級からになります)、年間走行距離-3千キロ、ブルー免許、運転者-本人限定、年齢条件-20歳以下、対人・対物-無制限、車両保険-あり

車種 保険料 保険料
(車両保険なし)
ホンダ・NBOX 264,400 114,500
トヨタ・プリウス 437,800 188,100
トヨタ・ボクシー 395,100 182,900
ニッサン・キューブ 464,900 215,100
ニッサン・スカイライン 459,700 209,900

※ 実際の保険料は、上記の結果より安くなる可能性があります。上記の保険料は、該当車種の平均的な保険料相場から計算されていることと、型式による違いは考慮されていないため、少し高目の保険料として計算されています。

どうして20歳以下の保険料は高くなるの

冒頭にもありますが、自動車保険の保険料は、若いというだけで高くなる仕組みになっています。

それは何故かというと

  1. 免許を取りたてであること
  2. 運転に慣れていないこと
  3. スピードをだしやすいこと

このことから言えるのは、「運転がまだ未熟であるにも関わらず、スピードを出して事故を起こす確率が高い」ということになります。

つまり、20歳以下の若い世代の人は、事故発生率の高い世代と見られているので、保険会社としてもリスクの高い契約者となり、そのリスクを吸収するために保険料を高くして対応しているのです。

もちろん、無謀な運転などもせず、安全運転をしている若い人も多いのですが、全国の事故発生件数や事故率は高い数字を記録しているので、保険会社の対応としては仕方ない部分もあるのだと思います。

参考までに、警察庁交通局がまとめた「年齢別事故発生率」によっても、10代からの世代が飛びぬけて多くなっています。

年令別に事故率(警察庁)

※ このグラフには原付の数字も含まれていますので、自動車だけに限定すると、少し少ない数字となります。

20歳以下の保険料を安くする方法

自動車保険は、同居親族間でなら譲り受けることができます。

つまり、親の等級の高くなった自動車保険を譲りうけれれば、劇的に保険料は安くなります。ただし、それには条件があります。

それは、「親などの親族と同居していること」です。

等級の高い保険を譲渡してもらったと仮定して、保険料がどのくらい安くなるか確認してみると、冒頭のNBOXの保険料は次のようになります。

車両保険ありで:130,200円(-134,200円)
車両保険なしで:56,400円(-58,100円)

ここまで安くすることができます(保険料はシミュレーションの結果ですから、実際にはもう少し安くなります)。

家族で自動車保険の等級を引き継ぐ

また、同居の親族で自動車保険の中断証明書を持っている人がいれば、その中断証明書を譲り受けて、それを使って契約をすることもできます。この場合も、中断した時点で等級が高くなっていた保険であれば、その等級もそのまま引き継ぐことができます。

自動車保険の中断証明書

もう一つ、同居の親が自動車保険に入っている場合は、その保険のセカンドカー割引が使える可能性があります。セカンドカー割引は、2台目以降の保険料負担を軽くするために設けられた割引制度で、1台目の契約の等級が11等級以上なら使えることになります。

セカンドカー割引を利用すると、6等級から始まる等級が7等級から始めることができるので、その分、保険料の割引率が大きくなり保険料が安くなります。

6等級の割引率:19%、7等級の割引率:29%となり割引率が10%上がります。

セカンドカー割引

安くするために補償内容も吟味する

まず、免許を取ったばかりであれば、保険に入る車は中古車だと思いますから、それであれば車両保険を付けないで契約しても良いでしょう。

保険料の試算でもみてきましたが、車両保険を付けると保険料は倍以上に膨れ上がってしまいます。ですから、初めての車が中古車であれば、車両保険は無しで検討してください。(総額で100万程度の中古車であれば不要だと思います)

もしくは、少し保険料の安い車両保険(エコノミー型)もありますから、どうしても車両保険が必要という人は、エコノミー型を検討しても良いでしょう。なお、エコノミー型には、当て逃げと単独事故の補償はありませんが、あとは通常の車両保険(一般車両型)と同じです。

中古車ではなく新車だという場合は、多少保険料の負担が大きくなっても車両保険を付けておいた方が安心ですが、これも保険料にかけられる予算との相談ということです。

車を維持していくためには、自動車保険ばかりではなく、自動車税や車検代、ガソリン代などの維持費がかかりますから、これだけの費用を負担していけるのなら、車両保険も付けるといいと思います。

ただし、基本となる補償は削らずに契約することをオススメします。

  • 対人倍賞保険:無制限
  • 対物倍賞保険:無制限
  • 人身傷害保険か搭乗者傷害保険:人身傷害なら5千万程度

※ 人身傷害保険と搭乗者傷害保険は、運転者と搭乗者(同乗者)に対する保険です。

これは基本となる補償ですから、保険金額を下げたりしない方が懸命です。

あと、これで実際に見積もって、まだ余裕があるのなら、人身傷害保険の保険金を上げても良いと思います。もし、保険料が高くなり余裕が無いのなら人身傷害保険を搭乗者傷害保険に切り替えても良いと思います。

年齢別「自動車保険の保険料相場」

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑