*

原付バイクの保険

原付バイクの保険

原付バイクは、自動車の免許があれば誰でも乗ることができる乗り物です。もちろん、原付専用の免許の方もいますが、いずれの場合でも、原付の自賠責保険が切れている、または保険に入っていないという人も多いのでは。

普通自動二輪や大型自動二輪に乗っている人であれば、バイクの任意保険に入っている人もいるのでしょうが、50cc以下の原付バイクの場合、任意保険に入っている人はほとんどいないのが現状のようです。

しかし、原付も車や自動二輪と同じように公道を走る乗り物ですので、万一の事故の事も考えて、保険に入っておく必要があるでしょう。

もし、人身事故でも起こせば大変な事になってしまいますので、原付バイクに乗る人の責任として保険には入っておきましょう。

原付バイクの保険と保険料

原付バイクの保険料ですが、125cc未満のバイクの場合は全部同じ保険料となっています。

保険の種類 補償の内容 保険料
自賠責保険

自賠責保険は対人に対する補償のみです。

  • 死亡:3,000万円
  • 後遺障害:4,000万円
  • ケガ:120万円

この補償額を上限として保険金が支払われる。なお、後遺障害の保険料4,000万円は介護を要する場合です。介護が不要な場合は3,000万円となります。

原付(125cc以下)の平成26年(2013年)以降の沖縄県と離島を除く自賠責保険料は以下の通りです。(平成25年4月から値上げとなりました)

  • 1年:7,280円
  • 2年:9,870円
  • 3年:12,410円
  • 4年:14,890円
  • 5年:17,330円

沖縄県の自賠責保険の保険料

  • 1年:4,790円
  • 2年:4,930円
  • 3年:5,070円
  • 4年:5,210円
  • 5年:5,350円

離島の自賠責保険の保険料

  • 1年:4,790円
  • 2年:4,930円
  • 3年:5,070円
  • 4年:5,210円
  • 5年:5,350円
任意保険

自動車保険と同様に補償の内容によって保険料は異なりますが、たとえば、

  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:1,000万円
  • 自損事故保険:1,500万円

の補償を付けて加入した場合は、右記の保険料となります。

「全年齢補償」と「21歳以上補償」の2タイプの年齢条件がありますが、21歳以上補償の方が保険料は安くなります。

保険料は2万円~4万円くらいの範囲となります。また、同じ補償でも保険会社によって保険料が安くなる場合もあります。

自動車保険のファミリーバイク特約

125cc以下のバイクが対象で、自動車保険と同じ補償が受けられます。

任意保険の保険料に6千円~7千円程度をプラスする形が一般的です。ただし、保険会社によって異なります。

自賠責保険の場合は、自動車の場合と同じで対人に対する補償しかありません。対物などの補償は一切ありませんので、原付で他人の物を壊した場合には、損害は全額自己負担で損害賠償しなければいけません。

任意保険の場合は、やはり保険料の負担が大きくなります。保険料が年間で2万~4万程度と言っても、原付の保険にこの金額を出すのは!という場合は、自動車保険の「ファミリーバイク特約」が良いかもしれません。

保険料もファミリーバイク特約だけでみれば6,000円程度ですので、家族が任意保険に入っているのなら、その保険にファミリーバイク特約を付けると良いでしょう。

ファミリーバイク特約

  1. 125cc以下のバイクに限られる
  2. バイクの台数に制限は無い
  3. 保険を使っても等級が下がらない
  4. 対人賠償と対物賠償は契約している任意保険と同じ補償

補償を受けられるのは125cc以下のバイクに限られますが、一家に複数台の原付バイクがあっても、契約している任意保険にこの特約を付けておくだけで、全部のバイクが補償の対象になります。

また、事故を起こしてファミリーバイク特約を使っても、本契約の翌年からの等級には一切影響はありませんので、125cc以下のバイクで事故を起こした場合でも安心して利用することができます。

ただし、ファミリーバイク特約の場合は、搭乗者(一緒に乗っている人)に対する補償はありませんので、その部分は気をつける必要があります。別途、傷害保険などに加入して、その部分をカバーすると良いでしょう。

傷害保険は、共済などの掛金の安い傷害保険でかまいませんので、併せて加入しておくと安心です。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑