*

自転車の事故で自動車保険が使える場合がある

自転車の事故で自動車保険が使える場合がある

自転車を通勤や通学に利用している人を大勢見かけますが、保険に入っているという方は稀ではないでしょうか。

自転車に乗る人は歩道を走ることが多く、ときには歩行者とぶっかってケガをさせてしまう事があります。また、停車している車に擦って、車を傷つけてしまう事があるかも知れません。

歩行者にケガをさせたり、車にキズを付けてしまえば、場合によっては損害賠償を請求される事もあります。そのために、自転車保険という、自転車のための損害賠償保険があるくらいです。

自転車に乗る人のなかには、万一のための備えとして自転車保険に加入している人もいるでしょう。

しかし、最近では、自転車保険を取り扱っている保険会社も少なくなってきたようで、これから自転車保険に入ろうとしている人は、加入できる保険会社を探すのに苦労するようです。

そこで、こういう場合に利用したいのが自動車保険です。

自動車保険では、対人賠償保険や対物賠償保険、車両保険などがよく知られていますが、これらの保険は車で事故を起こした場合の保険ですので、自転車の場合は利用できません。

利用できる可能性があるのは、自動車保険の中の「人身傷害補償保険」という、車に乗っている搭乗者の補償を行う種類の保険です。この保険のタイプによっては、自転車の事故でも補償される可能性があるのです。

人身傷害補償保険の種類と補償の範囲

人身傷害補償保険は、車に乗っている人(運転者や同乗者)を補償するための保険ですが、その補償範囲には以下の種類があります。

  • 契約した車に乗っている場合のみ補償(車内のみ補償型)
  • 契約した車以外の交通用具や歩行中なども補償(車内・車外とも補償型)

上記の補償範囲で、「車内・車外とも」補償の場合は、車に乗った状態はもちろん補償されますが、契約車両以外の交通用具や、歩行中の場合も補償の対象になります。

つまり、契約車両以外の交通用具の中には、自転車も含まれていますので、自転車で他人を傷つけたり、他人の物を壊した場合でも補償を受ける事ができます。

任意保険に入っていて、かつ人身傷害補償保険の「車内・車外とも補償」タイプに入っているのなら、自転車の事故も補償される事になりますので、自分の任意保険を確認してみると良いでしょう。

参考)人身傷害補償保険とは

この他にも、次のような保険もあります。

自動車保険の個人賠償責任保険

自動車保険に特約で付けることができる、「個人賠償責任保険」というものがありますが、この特約を付けていれば自転車の事故も補償されます。

個人賠償責任保険は、もともとは単体で販売されていた保険なのですが、現在は販売されておらず、自動車保険や火災保険などに特約として付けるのが一般的になっています。

ある保険会社では、保険料500円/年間でこの特約を付ける事ができます。日常生活の中での、事故やトラブルによって損害賠償責任を負ってしまった場合には役立ちます。

個人賠償責任保険(特約)の用途

  • 自転車での通勤・通学途中に人にケガをさせた
  • 車に自転車をぶつけてボディーを凹ませた
  • 子供が他人の家の窓ガラスを割ってしまった
  • マンションで下の部屋に水漏れをおこした
  • 飼い犬が他人に噛み付いてケガをさせた

など、さまざまな用途で利用できるのが「個人賠償責任保険(特約)」です。

個人賠償責任保険は、保険料も数百円程度/年間で付帯する事ができますので、保険料の負担もそれほど気にならないくらいの金額ではないでしょうか。

自分の加入している自動車保険で付帯できるのであれば、付けて損のない保険です。

ただし、車を廃車するなどで自動車保険を解約するような場合は、個人賠償責任保険も無くなってしまいますので、注意が必要です。また、保険会社を乗り換える場合も、新しい保険会社で付帯できるか確認する必要があります。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

  • 原付バイクの保険

    原付バイクは、自動車の免許があれば誰でも乗ることができる乗り物です。もちろん、原付専用の免許の方もい

Page Top ↑