*

自動車共済とマイカー共済

自動車共済とマイカー共済

自動車保険には、通常の損害保険会社が扱っているものの他に、共済という種類もあります。自動車保険に入る人の割合は、圧倒的に損保会社が提供している保険へが多いのですが、共済に加入している人も少なからずいます。

共済は、そもそも営利を目的としない、相互扶助の精神の上に成り立っている組合制度です。

そのため、共済の自動車保険に入る場合は、最初に組合員になる必要がありますが、掛金(保険料)が通常の自動車保険よりも安いなどのメリットもあるようです。(今回、実際に見積りした場合では、共済の方が保険料が高くなってしまいました)

自動車共済・マイカー共済の概要

共済は、「自動車共済」や「マイカー共済」という名称になっていますが、一般的な民間の自動車保険と内容に大きな違いはありません。

全労済のマイカー共済の補償内容

※ 全労済のマイカー共済

全労済のマイカー共済の場合は、対人賠償保険が無制限、対物賠償保険が無制限、人身傷害保険が5,000万円など、一般的な民間の任意保険と同程度の補償内容になっています。

また、保険の保険金設定などは、任意に変更してプランを組むことも可能です。

特約や割引制度もあります。

特約として利用できるのは、自転車賠償責任補償特約、マイバイク特約、交通事故危険補償特約、弁護士費用等補償特約、搭乗者傷害特約、自損事故傷害特約などです。

また、等級に応じた割引制度、運転者の年齢や範囲を限定することで受けられる割引制度、車の仕様・構造にかかわる割引制度、複数台所有の場合の割引制度、補償内容を限定する場合の割引制度も提供されています。

つまり、一般的な自動車保険と同等の内容という事になりますので、任意保険への加入を検討している場合は、共済も候補とするといいでしょう。

共済の保険料はどのくらいか

共済と民間の通販型の任意保険の保険料を比較してみます。

救済は全労災のマイカー共済で、民間は三井ダイレクト損保で見積りをしました。

見積り条件)

  1. 車種:ホンダ・NBOX
  2. 型式:JF2
  3. 年齢:38歳
  4. 年齢条件:35歳以上補償
  5. 運転者限定:本人・配偶者
  6. 車両保険:あり(一般車両)
  7. 特約:弁護士費用特約

保険料)

  1. 共済:97,230円(月の掛金:8,490円)
  2. 民間:51,880円

民間と共済の保険料の差は、45,350円となりますので、保険料でみた場合は、共済に加入する理由はないのかも知れません。

注)見積り条件によって、保険料が異なる場合があります。

自動車保険と共済の等級の引き継ぎ

一般の自動車保険と共済で、等級の引継ぎが可能な場合もあります。

すべての共済が等級の引継ぎに対応していないようですが、下記の共済の場合は、等級の引継ぎができる事になっています。

  • 全労済(各都道府県共済および全国交運共済・全逓共済・電通共済・森林労連共済・全たばこ生協・全水道共済)
  • 全国自動車共済
  • 教職員共済
  • 中小企業共済
  • JA共済

今回例にした全労災のマイカー共済の場合は、等級が一般の自動車保険より多い22等級(民間は20等級まで)まであるため、引き継いだ時に同じ等級にならないかもしれませんが、同程度の等級へ引き継がれますので心配ないでしょう。

まったく新たに共済に入る場合は、このような心配はありませんが、現在の等級を引き継ぎたい場合は、加入前に等級の引き継ぎが可能か問い合わせてからにすると良いでしょう。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑