*

自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険と任意保険の違い

自動車保険には、自賠責保険と任意保険の2種類の保険があります。

自賠責保険は、車を購入した時や車検を受けた時に、車の販売店などで自動的に加入となります。自分の意思で加入しないという選択はできないので、「強制保険」とも言われています。

一方、任意保険は、自分からすすんで加入するタイプの保険のため、任意保険に加入していない人もいます。

任意保険に入るも入らないも個人の考え方で決まりますが、民間の保険会社と自動車共済などを合計して、約85%の人が任意保険に加入しています。

事故を起こした場合、その事故が人身事故の場合なら、まず自賠責保険から必要最低限の保険金が支払われます。ただし、自賠責保険には保険金の限度額がありますので、その限度額を超えた部分については任意保険での補償になります。

つまり、任意保険に入っていない人が事故を起こせば、自賠責保険の限度額を超えた損害については、全額自己負担という事になります。

また、自賠責保険は人身事故の場合のみ保険金が支払われ、物損事故や自損事故などの場合には一切保険金は支払われません。

その点、任意保険は、人身事故や物損事故、自損事故など、ほとんどの車の事故について補償を受けられ、事故を起こした際には契約金額の範囲内で保険金が支払われます。

さらに、車両保険も契約していれば、事故で壊した自分の車の修理代も保険金で賄う事が可能です。

自賠責保険と任意保険の補償内容を比較

自賠責保険と任意保険の違いを、補償内容で比べてみます。

補償項目など 自賠責保険 任意保険
補償範囲 対人賠償のみ 対人賠償・対物賠償・搭乗者傷害・人身傷害・車両保険など多肢にわたる
相手への賠償 傷害:120万円上限、
死亡: 3,000万円上限、
後遺障害:等級に応じて75万円から4,000万円上限
契約内容によるが、たとえば、対人賠償・対物賠償:無制限など
自分や同乗者
への補償
なし 人身傷害保険や搭乗者傷害保険で治療費などが補償される
自分の車の補償 なし 車両保険で自分の車の修理代が補償される
保険金の支払 被害者にかなり大きな過失が無い限り、保険金は減額されない 被害者と加害者の過失割合に応じて保険金が減額される
示談代行 なし あり(特約として付帯する場合もある)
保険期間 通常2年 通常1年(2年以上の長期契約も可能)

参考)過失割合などについては下記の記事を参考にしてください。

自賠責保険は、事故で被害を被った人を救済することが目的のため、事故の相手に対する補償しかありません。

また、補償される額も上表で見てきた通りの額しか補償されません。

つまり、自賠責保険は、事故を起こした場合に相手を救済する最低限の保険で、自分や自分の車に対する補償は一切無い保険と言う事です。

自賠責保険は事故の被害を受けた相手の人を補償するための保険ですので、相手の車や電柱、ガードレールなどの物に対する補償は受けられないのです。

また、自賠責保険では、運転者とその自動車の所有者は補償されないので、たとえば、家族(父、母、娘)が母の運転でドライブしていて、人身事故を起こした場合、所有者の父と運転者の母は補償されない事になります。

損害倍賞額は高額化する傾向

物損事故・人身事故を問わず、近年の自動車事故の損害賠償額は巨額になる傾向にあります。

人身事故の場合の損害賠償額に至っては、億の単位になる事も珍しくありませんので、任意保険の力を借りなければ、とうてい賠償しきれない額にまでなっています。

また、自賠責保険では補償を受けられない物損事故の損害賠償額も、億の単位となることもありますので、車を運転するのなら任意保険は必ず必要ということでしょう。

任意保険で自分の車を治すなら車両保険を付ける

自分の車も任意保険で修理するなら、車両保険を付けなくてはいけません。

しかし、車両保険を付けると保険料が上がるため、付けていない人もいます。

車両保険が付いていなければ、自分の車の修理は自腹を切らなければいけませんが、今乗っている車が古いからとか、安い中古車だから、という場合は車両保険を付けなくても良いかもしれません。

しかし、新車や外車、高級車の場合は、損害を受けた時の修理代が高額になるため、車両保険を付けた方が無難でしょう。

車両保険を付けるかどうか迷ったときは、保険料の見積りをする時に、車両保険ありの場合と、車両保険なしの場合の両方で見積り、比較してみると良いかもしれません。

車両保険を付けて、あまりに保険料が高くなるようなら、車両保険をはずすなどの判断を保険料の面からすることができます。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑