*

短期間だけ自動車保険に加入す方法

短期間だけ自動車保険に加入す方法

たまにしか車を運転しないという人の中には、自動車保険に入っていないという人もいるようですが、そういう人もやはり事故の時のことが心配で安心していられないというのが本心ではないでしょうか。

こういう人のためにも、たまに運転する時だけ短期間加入できる保険があると助かります。

レンタカーであれば、レンタカー会社が加入している自動車保険がありますので安心ですが、友人や知り合いから短期間だけ(たとえば1日だけ)車を借りるような場合には保険が心配になります。

こんな時に役立つのが、1日だけ短期で入れる自動車保険です。

1日だけ短期で入れる自動車保険

普段は車を運転しないが、たまに車に乗るという人に向いている保険です。

一般の自動車保険に加入しても良いのですが、そうすると保険料が結構な額になりますので、保険料の負担を考えると経済的ではありません。

そこで、「自動車保険に短期間だけ入りたい(たとえば、1日だけなど)」という場合なら、短期間だけ加入できる自動車保険を検討してみると良いでしょう。

500円~1,000円程度の保険料で保険をかける事ができますし、明日は車を運転するといった時に、直ぐに加入できる手軽さもあります。

1日だけ短期で加入できる「ちょいのり保険」

1日だけ短期で加入できる自動車保険には、東京海上日動火災保険とNTTドコモが共同で販売している「ちょいのり保険」とい言う商品があります。

携帯電話やスマートフォンから、手軽に加入できるのが特徴です。

ちょいのり

短期間だけの自動車保険「ちょいのり保険」

車を運転しての事故で他人にケガをさせたとき、車や塀等の他人の財物(所有物)を壊してしまったとき、単独事故でケガをしたとき、事故で借りた車が壊れたとき(車両補償ありの場合)などに保険金が支払われます。

車両補償ありの場合は、借りた車が事故で壊れた場合に修理代が支払われますが、注意点もあります。

車両補償(車両保険)を付ける場合は、運転する7日前までに運転者の事前登録が必要になりますので、注意してください。

「ちょいのり保険の特徴」

  1. 保険料は1日500円からで、車両補償を付けると1日1,000円
  2. 1回の申込で最長連続7日間まで加入可能
  3. 申込手続きは、携帯・スマホで完結します

ちょいのり保険の保険料は、500円(車両補償なし)と、1,000円(車両補償あり)の2種類しかありません。

申込を繰り返して1ヶ月間連続で利用すると、500円×30日=15,000円となり、一般的な自動車保険と比べると高いようですが、あくまでも短期(最長1回7日)での利用を想定していますので、このような料金体系になるのでしょう。

「ちょいのり保険の補償内容」

車両補償なし 車両補償あり 補償内容・保険金
対人賠償責任保険 あり ・他人にケガをさせたとき
・保険金額:無制限
対物賠償責任保険 あり ・車や塀等の他人の財物を壊したとき
・保険金額:無制限
搭乗者傷害特約
(一時金払)
あり ・借りた車に乗車中の事故によりケガをしたとき
・保険金額:1,000万円(一時金10万円)
自損事故傷害特約 あり ・単独事故でケガをしたとき
借用自動車の
復旧費用補償特約
なし あり ・事故で借りた車が壊れたとき
・支払限度額:300万円
・免責金額(自己負担額):15万円
ロードアシスト あり ・借りた車の事故や故障時のレッカー搬送、故障や車のトラブル時の応急対応等
事故現場アシスト あり ・「事故発生から24時間」をサポート

「ちょいのり保険の対象車種」

ちょいのり保険の対象になる車種と対象にならない車種があります。

まず、対象になるのは、自家用乗用車(普通・小型・軽四輪)で、対象にならないのは、記名被保険者、その配偶者、法人が所有する車、レンタカーなどです。

ドライバー保険に入る

車に毎日は乗らないけど、借りた車を比較的多く運転するなら、ドライバー保険に加入する方法もあります。

ドライバー保険は、自分の名義ではない車を運転する時に補償を受けることができる保険です。

ドライバー保険は、自分の車を持たないペーパードライバーの方などが加入する保険で、通常の自動車保険は車に対してかけますが、ドライバー保険は人に対してかける保険と言う事になります。

ドライバー保険の保険料

ある損害保険会社の、ドライバー保険の保険料は以下のようになっています。

  1. 対人倍賞・対物倍賞無制限(自己負担額なし)
  2. 人身傷害補償 3,000万円
  3. 人身借用自動車搭乗中のみ特約付帯

上記の補償を付けて、21歳以上の人で年額30,970円となっています。(補償内容と保険料については、契約時に最新のものを確認してください)

なお、まったく車を運転しなくなったので、保険も必要が無くなったという場合は、途中解約する事で残存期間分の保険料が戻ってきます。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑