*

任意保険の自損事故保険と無保険車傷害保険の免責事由

任意保険の自損事故保険と無保険車傷害保険の免責事由

以前の記事「対人賠償保険と対物賠償保険の免責事由」で、任意保険で最も重要な対人倍賞保険・対物倍賞保険の免責を説明しましたが、今回は「自損事故保険」と「無保険車傷害保険」についての免責事由を確認していきます。

任意保険の自損事故保険は、他の車が絡まない単独事故で、運転者自身が死傷した場合に保険金が支払われる保険です。

無保険車傷害保険は、事故に遭った時の相手が、任意保険に入っていないなどの理由で、十分な補償が受けられない場合に保険金が支払われる保険です。

自分で特に加入した覚えがないのに勝手に付いてくる(対人賠償保険に自動的に付帯される)保険ですので、あまり意識にはないかも知れませんが、もしもの時には、なにかと役立つ保険です。

補償額は、対人倍賞保険を無制限でかけると無保険車傷害保険は2億円、自損事故保険は、死亡事故の場合で1,500万円となっているのが一般的です。

しかし、自損事故保険と無保険車傷害保険の保険金は、どんな場合でも支払われるわけではありません。保険会社が保険金の支払を拒否する「免責事由」もありますので、気をつける必要があります。

自損事故保険と無保険車傷害保険の免責事由

自損事故保険で保険金が出ない場合

  1. 故意によって起きた事故
  2. 無免許運転・酒酔運転・麻薬・大麻・あへん・覚せい剤・シンナーなどによって生じた損害
  3. 無断運転や無断同乗で被った被害
  4. 戦争・暴動などの損害
  5. 地震・噴火・津波の災害による損害
  6. 原子力による損害
  7. 業者に委託されている時に生じた損害

自然災害の場合も、地震や噴火、津波による損害は補償されませんが、台風や洪水の場合は保険金が支払われます。

同じ自然災害の場合でも、保険金が支払われる場合と支払われない場合があるので、気をつけましょう。

業者に委託されている場合とは、自動車修理工場、駐車場、ガソリンスタンド、洗車場、自動車販売店、陸送業などの自動車取り扱い業者に受託されている時に生じた損害ということで、このような場合は補償の対象になりません。

無保険車傷害保険で保険金が出ない場合

  1. 戦争・暴動などの損害
  2. 地震・噴火・津波・台風・洪水・高潮の災害による損害
  3. 原子力による損害
  4. 故意によって起きた事故
  5. 無免許運転・酒酔運転・麻薬・大麻・あへん・覚せい剤・シンナーなどによって生じた損害
  6. 無断運転や無断同乗で被った被害
  7. 被保険者の闘争事故や自殺または犯罪によって生じた損害

無保険車傷害保険の場合、自然災害ではまったく補償を受けることができません。この辺は、自損事故保険の場合と異なる点です。

また、以下の人が賠償責任を負った場合や、特定のケースの場合では、保険金は支払われませんので気をつける必要があります。

補償の対象にならない人と補償外のケース

  1. 被保険者の配偶者・父母・子
  2. 被保険者の使用者
  3. 被保険者の同僚
  4. 被保険者の配偶者・父母・子の運転する無保険車で被保険者が死傷した場合
  5. 無保険車の事故の場合でも、被保険自動車に適用される対人賠償保険などで損害が填補される場合
  6. 業者に委託されている時に生じた損害
  7. 車検証に事業用と記載されている車を被保険者が運転していて生じた損害
  8. 被保険者が、被保険自動車以外の車に競技、曲芸、試験のために搭乗してた時の損害

※ 被保険者は補償の対象になる人のことで、被保険自動車は、任意保険で補償の対象となる車のことです。

無保険車(任意保険に入っていない車など)の事故の場合は、対人賠償保険などから保険金が支払われて、その保険金で損害額が賠償できるのであれば、無保険車傷害保険の保険金は支払われません。

業者に委託されている時に生じた損害とは、自損事故保険の場合と同様で、自動車修理工場、駐車場、ガソリンスタンド、洗車場、自動車販売店、陸送業などの自動車取り扱い業者に受託されている時に生じた損害のことです。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑