*

車の保険の種類・内容・特約

車の保険の種類・内容・特約

車の保険は、自賠責保険と任意保険の2種類です。

自賠責保険は、車を買うと必ず入る保険なので強制保険とも言われています。

任意保険は、車を運転する人が任意に入る保険で、自家用自動車総合保険(SAP)の内容を基に、必要に応じていろいろな特約を自由に組み合わせることができます。

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法(自賠責法)に基づいて決められた強制保険で、車の所有者は加入が義務づけられており、自賠責保険に加入せずに車を運転すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。

自賠責保険は、人身事故の場合にのみ補償を受けられる保険で(物損事故では補償を受けられません)、保険金の上限も決められています。

自賠責保険で補償される額の上限は以下のようになります。

ケガ 120万円
死亡 3,000万円
後遺障害 後遺障害の等級による(1級で介護を必要とする場合は4,000万円)

なお、自賠責保険と同じ内容の保険として、自賠責共済というものがありますが、これは農業協同組合や農業協同組合連合会が、農業に従事している人のために行っている保険となっています。

任意保険にはいろいろな種類と組み合わせがある

自賠責保険は、被害者に対する最低限の補償であるため、上記のように支払われる保険金には上限が設けられています。

しかし、近年の交通事故の損害賠償額は、自賠責保険の保険金の上限をはるかに超える額となる事も珍しくありませんので、自賠責保険の補償額だけでは十分とは言えないのが現状です。

そのため、自賠責保険の補償額を超えるような損害倍賞に対応できるよう、個人が任意に加入するのが任意保険とうことになります。

任意保険の種類

  1. 自家用自動車総合保険(SAP)
  2. 自動車総合保険(PAP)
  3. 自動車保険(BAP)
  4. 自動車運転者損害賠償責任保険(ドライバー保険)

自家用自動車総合保険(SAP)は、対人賠償保険・対物賠償保険・自損事故保険・無保険車傷害保険・搭乗者傷害保険・車両保険がセットされた保険で、対人・対物事故では、保険会社の示談交渉サービスが受けられます。

自動車総合保険(PAP)は、対人賠償保険・対物賠償保険・自損事故保険・無保険車傷害保険・搭乗者傷害保険がセットされた保険で、車両保険は任意で付帯する事になります。示談交渉サービスについては、SAPの場合と同様です。

自動車保険(BAP)は、対人賠償保険(自損事故保険を自動で付帯)・対物賠償保険・車両保険を、契約者が自由に組み合わせる事ができます。なお、このBAPでは、保険会社による示談交渉サービスは受けられません。

ドライバー保険は、車を所有していないペーパードライバーのための保険で、対人賠償保険(自損事故保険は自動で付帯)・対物賠償保険が基本になっている保険ですが、その他の搭乗者傷害保険や車両保険も付帯する事ができます。

リスク細分型自動車保険

現在販売されている個人向け自動車保険(任意保険)は、リスク細分型自動車保険と言われる方式になっています。

リスク細分型保険は、自家用自動車総合保険(SAP)の内容を基本に、リスクに応じた補償内容や保険料を自由に決める事ができる保険で、契約者や車両に対するリスクを細かく分類して保険料を決める仕組みになっています。

契約者に関しては、運転者の年齢、性別、運転歴、免許証の色、運転する人の範囲などがリスク要因となり、車両に関しては、車種や型式、安全装置の有無、盗難防止装置の有無などがリスク要因となります。

この他にも、保険会社によっては、住んでいる地域(都道府県)によって細かくリスクを設定し、保険料に反映させている場合もあります。

このため、同じ人が同じ条件で保険料の見積もりをしても、住んでいる地域が異なれば、保険会社によっては保険料に差がでる事もあります。

また、保険会社のそれぞれのリスクに対する考え方の違いから、同一条件で見積もりをしても、大きく保険料に差が開く事になります。

この事から、任意保険に入る場合は、複数の保険会社で見積もりをし比較してみなければ、保険料の安い保険会社は見つからないのです。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑