*

車を買い換えた時の任意保険

車を買い換えた時の任意保険

任意保険の加入中に、乗っている車を買い換えた場合には、自動車保険の契約変更をしなければいけません。

自動車保険で、契約している車を変更することを「車両入替」と言いますが、これから乗る車が納車された時に「車両入替」の手続きが完了していないと、事故を起こした時に十分な補償を受けられない事になってしまいます。

保険会社の記述から
「今まで乗っていた車を廃車もしくは譲渡し、新車や中古車を新たに取得した場合、引き続き自動車保険を有効とするためには、その旨を保険会社や代理店に連絡する必要がある。」となっていますので、忘れずに連絡し手続きを進めると良いでしょう。

車を変更した場合でも、現在の等級は維持されますので心配はいりませんが、乗り換えた車の車種によっては保険料に違いがでる可能性があります。

また、普通車から軽自動車、軽自動車から普通車へ買い換えた場合も、保険料が変わる事になります。

軽自動車と普通車では保険料に違いがあって、一般的には軽自動車の方が保険料は安くなる傾向にあります。

なお、契約期間の途中で車両入替をし保険料に違いが出た場合は、その差額の保険料を支払う、または返還される事になります。

車両入替の手続き方法

車両の入替手続きは、保険会社や保険を契約した代理店で行います。

通販型の保険会社の場合なら、カスタマーセンター(お客さま相談窓口)に連絡して手続きを進めます。もしくは、契約者専用の「マイページ」などから、車両入替の手続きをすることができます。

代理店の場合なら、その代理店の担当者に連絡して進めます。

いずれの場合でも、手元に新しい車の車検証をおいて連絡すると話しがスムーズに進みます。

車両入替の手続きは、下記のような順序で行います。

  1. 乗り換える車の車検証か車検証のコピーを入手(ディーラーなどから)
  2. 納車日を決める
  3. 保険会社などに電話連絡する(もしくは、保険会社の契約者専用ページなどで車両入替手続きをする)
  4. 契約車両の変更による保険料の差額分を精算して手続き完了
  5. 新しい車で契約が始まる

知り合いなどから車を譲り受けたり購入した場合は、これらの入替手続きは全部自分でしなければいけません。

新しい車の車検証の名義が自分になっていなければ、原則として保険は有効になりませんので、納車されるまでに手続きを終わらせておくと良いでしょう。

車をディーラー・ローンを組んで買ったという場合は、車検証の名義がローン会社やディーラーとなっていますが、この場合は、保険契約者と車検証の名義が異なっていても問題ありません。

なお、車両入替の手続きには猶予期間があります。

それは「新しい車を取得した日(車検証の日付)の翌日から起算して30日以内に車両入替手続きを完了しなければならない」というものです。

猶予期間は新しい車が納車された日の翌日から起算して30日間ではなく、車検証の日付を基準としますので、気をつけてください。

車両入替の手続きを忘れると

車両入替を行わずに事故を起こしてしまうと、補償を受ける事ができません。

ただし、自動車保険の契約に自動でセットされている「被保険自動車の入替における自動担保特約」が適用されるのが普通ですので、まったく補償を受けられないということではありません。

この自動担保特約が適用されれば、すでに契約していた内容による補償を受けられますが、自動担保特約を使っても車両保険の補償額は、以前の車の補償額になります。

車両入替手続きをしないでいれば、以前の車にかけた車両保険の保険金額分までしか補償されませんので、できるだけ早く手続きを済ませておくことをオススメします。

事故で車を大破し修理しなければならないときに、以前の車の保険金までしか補償されないということになれば、不足する修理費については自腹を切るしかありませんので、気をつける必要があります。

長期間にわたって車両入替え手続きをしないままにしていると、補償を受けられない事にもなりますので注意しましょう。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑