*

自動車保険の必要性

自動車保険の必要性

自動車保険は本当に必要なのでしょうか?

ここでは、自動車保険の必要性について考えていきます。

自動車保険は、車を運転する人が任意で加入するものなので、自賠責保険に入っていれば良いと考える人も少なからずいるようです。

また、自動車保険の保険料は掛け捨てであって、かつ安くもありませんので、高いお金を払うのはもったいないと考える人もいるのでしょう。

実際に自動車保険の加入率は、自動車共済と民間の任意保険を合算して85%程度となっていますので、15%程度の人は自動車保険は不要と考えているのかも知れません。

また、自動車保険は不要とは思っていないが、経済的な負担が大きいので加入していないという人も少なからずいるのかも知れません。

では、自動車保険の必要性を考える上で、参考になる具体的なデータをみていきます。

事故による相手への損害賠償

近年では、交通事故による損害賠償額は高額化の一途をたどっています。

自賠責保険からの保険金だけでは、高額な損害賠償金に対応するのが無理な状態となってきています。

下図は、損害保険協会が出している資料の一部ですが、人身事故の損害賠償金は億の単位を請求されています。

人身事故の賠償金高額判決例

損害賠償の金額は、相手の年齢や職業などで違ってくるようですが、相手が死亡した場合より後遺障害になった場合の方が損害賠償額は大きくなっています。

上記の場合は人身事故による賠償額ですが、物損事故による対物賠償についても同じように億単位の損害賠償を請求されるケースが出てきています。これをみると、物損事故だからと安心はしていられません。

上記と同じく損害保険協会の資料から一部を紹介します。

賠償額 被害物件 年度 判決
2億6135万円 積荷の呉服・洋服・毛皮 1994年 神戸地裁
1億3580万円 パチンコ店 1996年 東京地裁
1億2036万円 電車・線路・家屋 1980年 福岡地裁

このデータをみると、人身事故、物損事故の区別なく億の単位の損害賠償金を請求されることも珍しいことではありません。

もし、自分がこうのような事故を起こしたという場合を想像すれば、自動車保険の必要性も理解できるのではないでしょうか。

なお、冒頭であげた「経済的な負担が大きいので加入していない」場合であれば、対人倍賞保険と対物倍賞保険の基本となる保険だけ契約すれば、保険料もある程度節約することができますので、一度、見積りで保険料を試算してみると良いでしょう。

自分の車に対する補償も考える

自分の車に対する補償をどうするかも考えておくと良いでしょう。

自分の車は自賠責保険では補償されませんので、高額な修理代がかかる場合などでは、車両保険に入っていなければ、すべて自腹を切らなくてはいけなくなります。

こういう時のためにも、新車や高級車などの車両価値の高い車では、車両保険も必要になるでしょう。(車両価値は、その時の市場価値「時価」で決まります)

車両保険は、主に2つの種類があります。「一般車両型」と「エコノミー型(車対車+限定Aなど)」です。

一般車両型は、保険料は高くなりますが、車に対する損害のほとんど全てが補償の対象になり、保険金が支払われます。

一方、エコノミー型は、一般車両型から「単独事故」と「当て逃げ」に対する補償を除いたものです。そのため、一般車両型よりも、はるかに保険料は安くなります。

このようなタイプがありますので、自分の車に対して、どういう補償が必要か考えて付帯すると良いでしょう。

なお、車両保険を付けるかどうか迷ったときは、車両保険を付けた場合と車両保険を付けなかった場合の両方を見積もって、保険料を比較してみると良いでしょう。

保険料を基準に車両保険に入るかどうかを判断するのなら、「一般車両型」「エコノミー型」「車両保険なし」の3種類で保険料を見積もって検討してください。

関連記事)自動車保険に入る際に車両保険を付けるべきか

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑