*

事故の被害者が死亡した時に事故との因果関係が不明確な場合は

事故の被害者が死亡した時に事故との因果関係が不明確な場合は

交通事故に遭って被害者が死亡したというニュースをよく見聞きしますが、被害者の人が持病を持っていたような場合では、死亡の原因が事故によるものなのか、それとも持病などから来るものなのか不明確で判断が難しい場合があります。

たとえばAさんが、持病の治療のために病院に通院していたとします。この通院の途中に事故に巻き込まれ、その2ヵ月後に「くも膜下出血」で亡くなりました、というケースで考えてみます。

このケースの場合、事故の加害者に対して、被害者が死亡したことについての損害賠償を請求できるのかという疑問が出てきます。

賠償責任は事故と因果関係があるもののみ

加害者が被害者に対して、その損害を賠償しなければいけないのは「事故と因果関係のある場合」のみとなっています。

また、事故に遭ったことによって通常に起こりうる損害の範囲についてのみ因果関係が認められ、損害賠償の責任を負うことになります。

このケースの場合で考えると、被害者に持病があり病弱であった事が予想されますので、死亡の直接の原因が事故にあったと立証するのは難しい事になる可能性があります。

加害者側は被害者の持病などが悪化したために死亡したと主張してくるでしょうから、それを覆し事故が直接の原因である事を証明しなければ、損害賠償の請求をすることはできません。

このような場合は、最終的には裁判によって判断してもらうしかありませんが、それ以前に、事故と被害者が死亡した事には因果関係があるとして、示談交渉をすすめていくしかありません。

示談交渉中に加害者の対応に誠意が感じられないような場合は、裁判によって解決していきますが、場合によっては、裁判に至らずお互いに納得のいく解決になる場合もありますので、粘り強く交渉を重ねる必要があるでしょう。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑