*

自賠責保険の保険金請求方法

自賠責保険の保険金請求方法

交通事故を起こした場合は、自賠責保険に保険金の請求をする事になりますが、この請求方法には加害者が請求する「加害者請求」と、被害者が自ら請求する「被害者請求」の2通りがあります。

通常であれば、事故を起こした加害者が保険金の請求をするのが筋なのでしょうが、実際には被害者が自賠責保険の請求をする「被害者請求」で行われている事が多いそうです。

ここでは、「加害者請求」と「被害者請求」の概要をみていきます。

加害者請求と被害者請求

加害者請求と被害者請求の違いは下記のようになります。

加害者請求

加害者が被害者や病院などに損害賠償金や医療費の支払いをしたとき、その支払った範囲内で保険金の請求ができます。

請求をする時に必ずしも示談が成立している必要はありませんが、医療費などの領収証(被害者や病院などに支払ったことを証明する資料)が必要になります。(実際に支払っていない場合は請求できませんので、注意してください)

ケガの治療中や示談未完了の場合でも、すでに被害者や医療機関などに支払った金額については、中途でも請求することができるのです。

加害者請求の注意点

加害者は、被害者のケガの治療などのために、被害者に請求された金額を支払わなければいけません。

請求された金額を被害者に支払った後に、加害者は保険会社に支払済の金銭の請求をしますが、保険会社は加害者から請求された金額のすべてを、無条件で支払ってくれるわけではありません。

加害者からの請求を、保険会社では自賠責保険の基準に当てはめて計算し直しますので、実際の請求額よりも少ない額になる可能性があります。

被害者に請求されるがままに支払っていても、その支払がすべて認められない場合は、認められない額はすべて加害者の自己負担となりますので、気をつけましょう。

このため、保険金の請求を加害者請求で行う場合は、事前に保険会社とよく相談しておくと良いでしょう。

被害者請求

被害者から加害者の加入している保険会社に直接請求することができます。このため、被害者は加害者の加入している保険会社、証明書番号を確認しておかなければいけません。

加害者から損害賠償として既に金銭を受取っている場合は、請求した額から既に受取った額を差し引いて支払われる事になります。なお、治療中の場合でも、その間に発生している治療費・入院費や休業損害等を中途で請求する事ができます。

被害者請求の注意点

損害賠償額が自賠責保険の補償範囲内であれば、まず自賠責保険が適用されます。自賠責保険の補償限度を超えた場合は、超えた分について任意保険が適用になります。

損害の程度が大きいと認められる場合では、示談が成立していなくても自賠責保険の支払を受ける事ができますが、損害の程度が比較的小さいと判断される場合は、被害者が治療費などを一時的に負担して、後で請求する方法がとられます。

しかし、被害者が治療費などを一時的に負担するのが難しい場合は、仮渡金請求をして、残りの分は後で請求する方法をとることができます。

被害者請求の仮渡金の支払基準と支払額

仮渡金は、損害賠償の額が確定する前であっても、当面の金銭の支払いを損害賠償金の範囲内で、自賠責保険の保険会社に対して被害者請求することができるというものです。

仮渡金の支払基準や支払額は下記のようになっています。

死亡者1人につき290万円
以下の傷害を受けた場合1人につき40万円
脊柱の骨折で脊髄を損傷したと認められる症状がある
上腕又は前腕骨折で合併症がある
大腿又は下腿の骨折
内臓破裂で腹膜炎を起こした場合
14日以上入院を必要とする傷害で30日以上の医師の治療が必要な場合
以下の傷害を受けた場合1人につき20万円
脊柱の骨折
上腕又は前腕の骨折
内臓破裂
入院を必要とする傷害で30日以上の医師の治療を必要とする場合
14日以上の入院を必要とする場合
11日以上の医師の治療を必要とする傷害を受けた者1人につき5万円

治療費や入院費などの費用が大きくなれば、それだけ負担するのが難しくなる場合もありますので、そういう場合には「仮渡金」を利用すると良いでしょう。仮渡金は被害者請求の時にのみ利用できる制度ですので、覚えておいてください。

自賠責保険の保険金請求に必要な書類の一覧

なお、任意保険の保険金請求については下記のページをご覧ください。

任意保険の保険金請求方法

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑