*

自賠責保険の受取金額一覧

自賠責保険の受取金額一覧

自動車事故の損害賠償は、被害者に対して最初に自賠責保険から保険金が支払われます。

その保険金額を超えるような損害の場合は、加害者が任意保険に加入していれば、自賠責保険の補償限度額を超えた分について、任意保険から保険金が支払われます。

もし、加害者が任意保険に加入していなければ、自賠責保険の限度額を超えた部分については、加害者が自己負担しなければいけません。

自賠責保険の賠償額は、死亡事故の場合は3,000万円、傷害(ケガ)の場合は120万円、後遺障害(事故により後遺症が残る)の場合は4,000万円が限度額となっています。

自賠責保険の受取金額

自賠責保険の保険金は、以下の項目ごとに細かく分類されて支払われます。

状態 項目 内容 金額
死亡 葬儀費 葬儀にかかる費用 60万円(原則)~100万円
逸失利益 死亡による損失 (年収-生活費)×就労可能年数のライプニッツ係数
慰謝料 本人の慰謝料 350万円
遺族の慰謝料 請求者が1人550万円、2人650万円、3人以上750万円
傷害 治療費 応急手当費、診察料、入院料、投薬料、手術料など 妥当な額
看護費 入院中の看護料 1日4,100円
自宅看護料、通院看護料 1日2,050円(近親者の場合)、以外は妥当な額
通院費 通院のための交通費 妥当な額
諸雑費 入院中の諸雑費 入院1日1,100円
義肢等の費用 義肢、歯科補てつ、メガネ、義眼、補聴器、松葉杖など 妥当な額
診断書等 診断書、診療報酬明細書等 妥当な額
文書料 交通事故証明書、印鑑証明等の費用 妥当な額
休業損害 事故による傷害のために発生した収入減少 (原則)1日5,700円~(立証資料等がある場合)19,000円
慰謝料 精神的・肉体的な苦痛に対する補償 入通院1日4,200円
妊婦が胎児を死産・流産した場合
3ヶ月以内30万円、4ヶ月~6ヶ月50万円、7ヶ月以上80万円
後遺障害 逸失利益 後遺障害による収入の減少 年収×労働能力喪失率×逸失期間のライプニッツ係数
後遺症の慰謝料 精神的・肉体的苦痛に対する補償 後遺障害等級により1,100万円~32万円

表中の「逸失利益」の項目で使われている「ライプニッツ係数」は、何年か何十年かで受取るはずの金銭を一時金で支払うには、その期間の中間利息を控除する必要があるとし、その一時金の原価を複利複式で算定するための係数となります。

つまり、被害者が将来に受け取るはずだった金銭を、一時金として前倒しで受取る事で得られる利益を、控除するのに使う係数という事になります。

たとえば、1年後に100万円を受け取るはずだったのを、今すぐに100万円受取った場合、100万円は1年前倒しで手にする事となり、1年間分の利益が出る事になります。

自動車事故の被害者だとしても、事故により余分な利益を得るのは妥当ではないとし、1年分の利息(年利5%)が差し引かれるのです。

1年後の100万円を今受取る場合は

100万-(100万×5%)= 95万円

となります。

2年後の100万円を今受取る場合は

100万-((100万-100万×5%)×5%))

となりますが、年数が長くなるにつれて計算も複雑になっていきます。

そこで、これを計算しやすくしたのが「ライプニッツ係数」と呼ばれるもので、毎年100万円を5年間もらえるのを一括でもらう場合は

(100万×5年)×4.3295(5年のライプニッツ係数)

となり、「金額×年数」にライプニッツ係数を掛ければ、金額が計算できるようになっています。

実際の計算例

仮に、40歳男性サラリーマンが事故により死亡。遺族は妻、子供2人の場合を計算してみます。

1. 426,600円×12×(1-0.35%)×14.643=5,284万円

426,600円は、40歳男性の「年齢別平均給与額」ですが、事故前1年間の実際の収入額が、これよりも高い場合はそれを使います。

0.35%は、被扶養者がいる場合の自賠責保険の生活費控除率です。

14.643は、40歳男性の就労可能年数27年に対応する「ライプニッツ係数」です。(67歳をもって就労可能年数上限のため、40歳では27年とされています)

上記の計算で算出された金額(5,284万円)に、被害者本人や遺族の方の慰謝料などが加算されて、最終的な損害賠償額が算出されます。

慰謝料は、被害者本人の死亡慰謝料が350万円、遺族の慰謝料(3人以上)750万円、被扶養者あり加算200万円の合計額で算出されます。


このケースの場合の損害額は、自賠責保険から死亡時の保険金の限度額3,000万円が支払われ、残りは任意保険から支払われる事になります。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑