*

自賠責保険の保険金請求に必要な書類の一覧

自賠責保険の保険金請求に必要な書類の一覧

事故を起こし自賠責保険の保険金を請求する場合、自賠責保険にしか入っていない人は自賠責保険の保険会社、自賠責保険にも任意保険にも入っている人は任意保険の保険会社に対して保険金の請求をします。

自賠責保険の保険金請求については、自賠責保険の保険会社にするのが筋ですが、任意保険の保険会社が窓口となって、自賠責保険も含めて手続きしてくれますので、このような請求方法となります。

なお、自賠責保険の保険金請求については、「自賠責保険の保険金請求方法」をご覧ください。

自賠責保険の保険金を請求する際には、「交通事故証明書」などの書類を一式そろえて請求します。

そろえる必要がある書類の一覧は以下のようになります。

自賠責保険を請求をするのに必要な書類

保険金の請求には、加害者請求と被害者請求の2通りあります。

また、被害者請求のなかには、仮渡金の請求などもあります。これらのどの請求であっても、以下の書類をそろえてから保険会社に対して請求することになります。

必要書類 加害者請求 被害者請求
死亡 傷害 死亡 傷害 仮渡金
死亡 傷害
保険金・損害賠償額・
仮渡金支払請求書
交通事故証明書
事故発生状況報告書
医師の診断書または
死体検案書(死亡診断書)
通院交通費明細書
付添看護自認書または
看護料領収書
休業損害証明書または
確定申告所(控)
示談書
委任状および委任者の印鑑証明
請求者の印鑑証明書
住民票または戸籍抄本
戸籍謄本(死亡の場合のみ)

「保険金・損害賠償額・仮渡金支払請求書」については、保険会社に連絡して取り寄せます。

事故証明については、ネットからでも、最寄の自動車安全運転センターや郵便局などでも入手できますが、通常は、最寄の自動車安全運転センターで発行してもらうことが殆どでしょう。

休業損害証明書または確定申告所(控)は、サラリーマンなどの給与所得者の場合は、「休業損害証明書」を勤務先で記入してもらい、源泉徴収票を添付します。

自営業者の場合は、「休業損害証明書」の代わりに、税務署や自治体の発行する「納税証明書」や「課税証明書」、または確定申告を行った際の「確定申告書控」を添付して提出します。

委任状および委任者の印鑑証明は、本人以外の人が保険金の請求をする時に必要な書類で、本人が請求する場合は必要ありません。

住民票または戸籍抄本は、被害者が未成年の場合で、被害者に代わって法定代理人(親権者など)が保険金の請求をする場合に必要になります。

なお、任意保険の保険金請求に必要な書類については、「任意保険の保険金請求に必要な書類の一覧」をご覧ください。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑