*

任意保険と自賠責保険の保険料支払方法と払込方法

任意保険と自賠責保険の保険料支払方法と払込方法

 自動車保険(任意保険と自賠責保険)の保険料払込方法には、いくつかの方法があります。口座振替やクレジット払いなどが代表的な「払込方法」です。

保険料の支払い方法には、「一括払い」や「分割払い」などがありますが、分割払いは、年間保険料を10回~12回で分割して支払うため、一括払いよりも保険料が割高になるデメリットがあります。

ですが、保険料が一般的に高くなる若い世代の人の場合、保険料が10万円を超える事もありますから、分割払いも珍しくなく、多くの方に利用されているようです。

それでは、まず「任意保険」の支払方法などをみていきます。

任意保険の支払方法と払込方法

任意保険の場合は、以下の払込方法があります。

払込方法

  1. 口座振替
  2. クレジットカード払い
  3. コンビニ払い
  4. 銀行・郵貯で振込み

ただし、保険会社によって取り扱っている払込方法に違いがありますので、注意してください。(上記は、アクサダイレクトの場合です)

口座振替の場合

口座振替は、あらかじめ「口座振替依頼書」を提出し、支払期日になると、その口座から引き落としになります。公共料金の引き落としなどで一般的に使われているので、特に珍しい方法ではありません。

一般的には、保険料の引き落とし日を26日としている金融機関が多いようですが、利用する金融機関によって異なる場合もありますから、確認してみるといいでしょう。

クレジットカードの場合

クレジットカードの場合は、本人名義のクレジットカードのみが利用できます。クレジット払いにすると、実質的に分割払いとなりますので、分割払いを利用できない保険会社の場合でも、クレジット払いを選択する事で分割払いと同等になります。

なお、注意点としては、「リボ払い」や「ボーナス一括」などの支払方法は選択できないのが一般的です。また、「リボ払い専用」のカードの場合も、分割払いとなります。

コンビニ払いの場合

コンビニ払いには、「払込票郵送方式」と「オンライン方式」が一般的です。

払込票郵送方式は、郵送されてきた払込票を持ってコンビニで支払う方法です。一方、オンライン方式は、ネットで払込票を表示してプリントするか、または、表示された「払込番号」をメモして、コンビニで支払う方法です。

払込番号をメモしてコンビニで支払う場合は、コンビニに置いてある端末で「払込番号」を入力し、印刷された払込票をレジに出して清算する仕組みです。

ただし、コンビニ払いの場合は、一括払いのみで分割払いには対応していませんので、注意してください。

銀行・郵貯で振込み

振込みの場合は、振込み元口座の名義が契約者本人の場合のみ受付になります。

また、利用している金融機関のインターネットバンキングに登録している場合に限られていて、銀行などの窓口やATMからの振込みは取り扱っていない場合があります。

これらの払込方法は、保険会社によって対応していない場合もありますし、内容が微妙に異なる場合もありますので、自分の加入する自動車保険で確認すると良いでしょう。

自賠責保険の支払方法と払込方法

自賠責保険の保険料は、加入時に一括で支払うのが原則で分割払いはできません。

ただし、車検時などに車検代と自賠責保険の保険料をクレジットカードで支払うことができれば、実質的に分割払いと同等になります。

しかし、一般的には、車検費用をクレジットカードで支払うことに対応している業者は少ないようなので、どうしても分割で支払いたい場合は、事前にクレジット可の業者を探しておくと良いでしょう。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑