*

家族で自動車保険の等級を引き継ぐ

家族で自動車保険の等級を引き継ぐ

 自動車保険の等級は、保険会社を乗り換えた場合でも引き継がれる事は、広く知られていると思いますが、家族間でも等級は引き継ぐ事ができます。

家族の範囲は、同居している家族に限定され、別居している子供は含まれないなど一定の条件はありますが、家族単位で考えると大幅に保険料が安くなるケースがあります。

なお、家族で等級を引き継げる「家族の範囲」は以下の通りです。

  1. 記名被保険者の配偶者(内縁関係も含む)
  2. 記名被保険者または配偶者の同居の親族

となっていますから、別居している子供や親族には引き継ぐ事はできません。同居の親族は、同じ家に住んでいる「6親等内の血族」「配偶者」「3親等内の姻族」の事です。(住民票の記載や、同一生計・扶養・婚姻関係の有無は関係ありません)

家族間で等級を引き継ぐケース

例として、父親の20等級の自動車保険を、20歳の息子が車を購入したために引き継ぐ場合を考えてみます。

通常、自動車保険に始めて加入する場合は6等級から始まります。20歳の息子が自動車保険に加入する場合、保険料が割引になる年令条件は「年令を問わず補償」となり、年令条件による割引を受ける事はできません。このため、どうしても保険料が高くなってしまいます。

こういう時は、家族間で等級を引き継ぐ事で、家族トータルで保険料を安くする事ができます。

等級を引き継ぐ事でどれだけ保険料が安くなるか

父親の等級を息子が引き継ぐ場合と、引継ぎしないで新しく加入する場合で、保険料にどの程度の開きが出るか比較してみます。(なお、保険料は概算です)

新しく加入する 等級を引き継ぐ
20等級 25,000円 6等級 48,000円
息子 6等級 145,000円 20等級 46,000円
家族合計 170,000円 94,000円

このケースの場合、父親の20等級を引き継ぐ事で、息子の保険料は大幅に安くなります。一方、父親の方は息子に等級を引き継いだために、新しく保険に入り直し6等級からの再スタートとなる事で、保険料が高くなる事が予想されます。しかし、年令条件「35歳以上補償」などを付ける事で、保険料を低く抑える事が可能です。

息子が新しく加入する場合と、父親の等級を引き継ぐ場合では、息子の保険料に10万円程度の差が開いています。また、家族のトータル保険料でみても、7.6万円以上保険料の節約につながっていますので、この差は大きいです。

父親個人としては、保険料が上がってしまう事になりますが、家族でみれば節約になりますから、検討してみるといいでしょう。

なお、このケースの父親は、セカンドカー割引を使えば7等級からスタートさせることができます。6等級と7等級の割引率の差は、現時点で10%程度ありますから、是非利用するといいでしょう。

等級を引き継ぐための手順

等級を引き継ぐ場合は、保険会社に連絡して、家族で等級を引き継ぎたいと伝えるだけです。手続きに必要な事は、保険会社の担当者などが教えてくれますから、それに従って進めるだけです。

たとえば、親の等級を息子や娘に引き継ぐには

  1. 親の車から子供の車への車両入替の申請をする
  2. 車両入替後に保険名義を親から同居の子供に切り替える

これだけで引継ぎは完了します。後は、親がこれからも車を運転するのなら、親が自分ための任意保険に新しく加入するだけです。

その場合は、今までと同じ保険会社でも良いですし、または、一括見積もりサービスなどを使って、保険料の安い保険会社を探して加入しても大丈夫です。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑