*

自動車保険のインターネット割引

自動車保険のインターネット割引

インターネット経由で自動車保険に加入すると、保険料を割り引くのが「インターネット割引」です。インターネット割引は、新規で契約する場合のみと思っている人もいるでしょうが、保険を継続する時にも割引が適用されるのが一般的です。

ダイレクト系自動車保険では、多くの会社が「インターネット割引」を行っていますが、各社で割引額などに違いがあります。割引額は、新規加入時で4,000円~10,000円、継続時で1,000円~10,000円程度となっています。

全体的にみても、新規加入時の割引額の方が大きくなっていますが、保険会社によっては、新規・継続の両方で同じ額を割り引く場合もあります。

通販型保険会社のインターネット割引額

以下は、主な通販型ダイレクト自動車保険の「ネット割引額」の一覧です。

保険会社 インターネット割引額
新規時 継続時
セゾン自動車火災保険 10,000円 10,000円
イーデザイン損保 10,000円 10,000円
アクサダイレクト 最大10,000円 1,000円
ソニー損保 8,000円 2,000円
SBI損保 5,500円 5,500円
チューリッヒ 最大7,000円 1,500円
三井ダイレクト 4,000円 3,000円

※ 2014年4月現在

アクサダイレクトやチューリッヒのように、割引額に「最大~」となっているのは、年間の保険料額に応じて割引額が算出されるので、他社のように固定で一定額を割引していません。

セゾン自動車保険(おとなの自動車保険)、イーデザイン損保、SBI損保などでは、新規時と継続時で同じ額が割引になりますが、その他の保険会社では、継続時の割引額は新規の時と比べ大きく減額されています。

たとえば、割引額が10,000円の「セゾン自動車保険」の場合、割引前の保険料総額が60,000円だったとして、そこから10,000円が割り引かれるので、率に換算すると約16%の割引となります。割引で、この程度の率になるものは少ないので、それだけネットから申し込む時の割引は大きいという事が言えます。

また、表中にはありませんが、アメリカンホームのように、インターネット契約で保険料が10%(最大20,000円)の割引になる保険会社もあります。

アメリカンホームでは10%の割引になりますが、新規の場合、保険料一括払いで20,000円が上限、月払いで20,040円が上限となっています。継続の場合は、保険料が約5%割引となり、保険料の一括払で10,000円が上限、月払で10,080円が上限となっています。

このように、保険会社によって割引額には大きく差が開いていますが、いずれにしてもネット申込で保険料が割り引かれる事に違いはありませんから、各社の「割引になるための条件」などを確認しながら、利用するといいでしょう。

なお、各社の見積もりをインターネットから一括で取り寄せることができますが、この場合は、自動的に「インターネット割引」が適用されて見積もりが送られてきます。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑