*

自動車保険の保険料を安くするための3つのポイント

自動車保険の保険料を安くするための3つのポイント

 自動車保険の保険料は、誰でも安くしたいと思うものです。ですが、保険料を安くする事ばかり考えていると、必要な補償まで削ってしまいかねません。

ここでは、必要な補償は確保しつつ保険料を安くし節約するポイントを3つご紹介しますので、参考にして頂ければと思います。

自動車保険は自分で必要な補償の内容を選びながら、ある程度自由に設計していく事ができますから、ポイントを押さえて設計する事で保険料を今よりも安くする事が可能になります。

対人賠償保険と対物賠償保険のような基本的な補償は削らずに、その他の部分で安くするポイントを探していきます。

  1. 補償内容を見直す
  2. 車両保険を見直す
  3. 割引を活用する

補償内容を見直す

任意保険の補償の中で最も大事な「対人賠償保険」と「対物賠償保険」の補償内容は、どちらも「無制限」とするのが良いでしょう。対人は無制限で掛けているが、対物は1千万円などとして無制限にしていない人もいますが、この補償額では賠償しきれないケースも出てきています。

最近の事故判例では、対物でも億の単位の賠償額を請求されているケースも見られますので、やはり「無制限」としておく事で安心していられると思います。ちなみに、対物補償1億円という補償額もありますが、これと無制限とでは保険料に大きな差はみられません。

主要な保険以外で補償を見直す

対人・対物などの基本的な保険を除くと、見直しできるのは以下の保険になります。これ以外の保険は、任意保険に入ると自動的に付帯されるので、節約のしようがありません。

  1. 搭乗者傷害保険
  2. 人身傷害補償保険
  3. 車両保険

搭乗者傷害保険や人身傷害補償保険は、事故によって契約車に乗っている人が死傷した時に補償してもらえる保険で、過失割合にかかわらず治療費や休業補償が受けられるのが特徴です。さらに、人身傷害補償保険では、他人の車を運転中の事故、歩行中に起きた事故も補償の対象になります。

実際に加入する際に気をつける事は、搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険で補償内容の重複が多いという事です。そのため、どちらか一方に入っていれば、自分と搭乗者に対する補償はありますので、不安に思う必要はありません。

最近では、人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険を付ける人が増えています。もちろん契約しない人もいますが、一般的には、人身傷害保険を契約して、搭乗者傷害保険は外すというケースが多くなります。

また、人身傷害保険に加入する場合は、補償額を3,000万円か5,000万円で契約する方が過半数を超えていて、なかでも3,000万円で契約する人が最も多くなっています。この事から、人身傷害保険を契約する場合は、補償額を3,000万円で検討すると良いでしょう。

もう一つの選択肢は、人身傷害保険を外し、搭乗者傷害保険を契約するというものです。搭乗者傷害保険は、人身傷害保険よりも補償範囲が狭いので、その分保険料も安くなります。保険料を安くしながらも、搭乗者に対する補償が欲しい場合は、搭乗者傷害保険を検討すると良いでしょう。

車両保険を見直す

自動車保険の保険料を大幅に安くするには、車両保険を見直す事です。

車両保険には、一般タイプ、エコノミータイプなどがありますが、年数が経過している車や車両価値が高くない車の場合は、エコノミータイプを選択すれば保険料は大幅に安くなります。また、自分の車の修理代は自己負担するという人は、車両保険をなくす事も可能です。

車対車の事故の場合は過失割合に応じて、相手の任意保険から車の修理代を受け取ることができます。新車や高級車の場合は車両保険に入るのが一般的ですが、車両価値がそれほど高くない中古車の場合は、付けなくて良いかもしれません。

また、車両保険をつけたままで安くするには、免責金額を設定します。たとえば、1回目10万円、2回目以降10万円と言ったような金額にすれば、保険料は安くなります。ただ、免責分は自己負担しなければいけませんが、毎月及び毎年の保険料は安くなります。

割引を活用する

各種の割引を利用する事で保険料を節約する事ができますが、ここでは、その中の代表的なものをいくつかご紹介しておきます。

保険料が安くなる割引には

  1. 運転者限定割引(運転する人を限定する割引)
  2. ゴールド免許割引(免許証の色がゴールドの人の割引)
  3. セカンドカー契約割引(2台目以降の車の割引)
  4. 長期優良割引(無事故期間の長い人の割引)
  5. 安全装置割引(安全装置がある車の割引)
  6. エコカー割引(エコカーの基準を満たす車の割引)
  7. インターネット割引(ダイレクト自動車保険ネット申込の割引)
  8. 早期契約・早期継続割引(満期1ヶ月以上前に更新した人の割引)

などがあります。

これらの割引を使うことで、かなり保険料を節約する事ができます。

運転者限定割引

車を運転する人が、自分だけという場合や家族だけというのなら、運転者限定をするといいでしょう。これを付ける事で保険料は安くなります。たとえば、車を運転するのが自分と家族だけの場合は、一般的には5%程度の割引を受けられます。

なお、家族として認められるのは、「記名被保険者」、「記名被保険者の配偶者」、「記名被保険者の同居の親族」、「記名被保険者の別居未婚の子」となっています。

割引を利用していない人が意外と多い

自分の免許の色がゴールドなのに「ゴールド免許割引」を利用していない人や、「セカンドカー契約割引」などを利用していない人も少なからずいるようです。

たとえば、セカンドカー契約割引は、自分だけでなく同居家族が2台目や3台目の車を買った時でも適用されます。しかも、保険会社を問わず利用できるので、使わない手はありません。さらに、等級も7等級からスタートするというメリットもあります。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑