*

カウント事故・1等級ダウン事故・ノーカウント事故

カウント事故・1等級ダウン事故・ノーカウント事故

 自動車事故を起こした時に保険を使うと、通常は翌年のノンフリート等級は下がります。ただし、ノーカウント事故といって、翌年の等級に影響が出ることなく通常通り等級が1つ上る場合もあります。

起こした事故の種類により、カウント事故、1等級ダウン事故、ノーカウント事故に分類され、翌年の等級には影響が出ない場合や、翌年に1等級や3等級下がる場合などに分かれています。

なお、2012年10月の自動車保険の等級制度の改定により、「等級すえおき事故」が「1等級ダウン事故」へと改められました。また、以前は事故を起こしても等級が維持される「等級プロテクト特約」がありましたが、現在ではどこの保険会社でも見かけなくなりました。

事故の種類による等級の扱い

事故の種類による等級の扱いには以下の種類があって、この種類のどこに該当するかで、翌年の等級が上がるか下がるかが決まり、その年の保険料に大きく影響する事になります。

  1. カウント事故: 翌年の等級が3等級下がる
  2. 1等級ダウン事故: 翌年の等級が1等級下がる
  3. ノーカウント事故: 翌年の等級には影響が無い(通常通り上る)

カウント事故

カウント事故の場合は、1事故につき翌年の等級が3等級下がります。同じ年にカウント事故を2回起こせば、翌年の等級は6等級下がる事になります。

カウント事故の対象になるのは

  1. 対人賠償保険(事故で相手を死傷させた)
  2. 対物賠償保険(相手の財物を壊した:ガードレールや店舗など)
  3. 車両保険(自分の車の損害を修理した)

などの保険を使う事故を起こした場合です。

たとえば、現在の等級が6等級の人が同じ年にカウント事故を2回起こせば、翌年の等級は1等級となり、保険料の割増率は64%もになってしまいます

さらに、翌年からの6年間は「事故有等級」という保険料の割引率が通常の場合より悪い等級に位置づけられるため、翌年以降も継続的に保険料の高い状態が続きます。

1等級ダウン事故

1等級ダウン事故は、車両保険の「車対車の事故」や「単独事故」以外の事故や災害の場合に1等級ダウン事故となり、翌年の等級は1等級下がります。

具体的には以下のような場合です。

  1. 火災、爆発
  2. 台風、竜巻、洪水、高潮
  3. 盗難、落書き、いたらずら
  4. 窓ガラスの破損(飛来、落下物以外の他物との衝突・接触は除く)
  5. 飛来中または落下中の他物との衝突
  6. 騒じょうまたは労働争議に伴う破壊
  7. 偶然の事故によって生じた損害

これらは、事前に予測する事も、自分の力で防ぐ事もできないものばかりですから、このような場合には、3等級ダウン事故ではなく1等級ダウン事故として取り扱われます。

1等級ダウン事故となった場合は、翌年からの1年間は「事故有等級」に入りますので、通常の等級の場合より保険料の割引率は低くなります。

たとえば、現在14等級の人が1等級ダウン事故を起こした場合、翌年の等級は1等級ダウンの13等級となりますが、保険料の割引率に関しては、下記のように大きな差が生まれます。

  • 13等級(事故無等級):49%割引
  • 13等級(事故有等級):29%割引

このように同じ13等級でも、事故有等級と事故無等級では、保険料の割引率に大きな差が出てきます。この例では、実に20%もの差が生まれてきていますので、1等級ダウン事故となるような事故の場合は、保険を使わない方が得をする場合があるのです。

大きな事故の場合は迷わず保険を使うと思いますが、1等級ダウン事故となるような軽微な事故の場合は、保険を使うか使わないか迷う場面もある事でしょう。

このような場合は、保険を使った場合の翌年からの保険料を保険会社に試算してもらい、それと車の修理費用を比べてみて、どちらか金銭的に負担の少ない得をする方を選ぶというのも、判断に困った場合に使える方法だと思います。

ノーカウント事故

ノーカウント事故は、等級に影響がない事故の事で、以下の場合は「ノーカウント事故」となり、無事故と同様に翌年のノンフリート等級は1つ上がります。

  1. 搭乗者傷害保険(自分と搭乗者の補償)
  2. 人身傷害保険(搭乗者や歩行中の事故の補償)
  3. 無保険車傷害保険(相手が無保険車の場合の補償)
  4. 弁護士費用補償特約(弁護士費用の補償)
  5. ファミリーバイク特約(原付バイクの事故を補償)
  6. ファミリー傷害特約(家族の入院、通院を補償)
  7. 代車費用担保特約(代車・レンタカー・電車・バスなどの費用を補償)
  8. ペット搭乗中担保特約(搭乗中のペットの補償)

上記が、ノーカウント事故となる主なものです。一般的に、対人賠償、対物賠償、車両保険以外の保険を使う場合は、ノーカウント事故となっています。

まとめ

自動車保険を使ったからといって、必ず翌年の等級が大きく下がるわけではありません。台風、竜巻、洪水、高潮などで車両保険を使った場合は、1等級しかダウンしません。

また、ノーカウント事故のように、保険を使っても翌年の等級に影響せず、無事故だった場合と同様に、翌年1等級上がる場合もあるのです。

等級が下がる事故・下がらない事故をの種類を覚えておき、正しく自動車保険を使うといいでしょう。

なお、ロードサービスを使っても等級に影響はありませんから、これも覚えておいてください。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑