*

自動車保険の年齢条件

自動車保険の年齢条件

 自動車保険の年齢条件とは、車を運転する人の年齢を限定する事で、保険料を割引する割引制度の事です。

この年齢条件を設定する事で、保険料に大きな差が出てきますが、通常、若い世代の人の方が事故を起こす確率が高くなるため、年齢条件による割引率は小さく、保険料も高くなる傾向にあります。

また、年齢条件を設定していて、その条件から外れる人が運転した場合、補償の対象にならないので気を付ける必要があります。

年齢条件の内容

自動車保険の年齢条件は、以下の表のように5段階に区分けされ、「記名被保険者」の年齢に応じて保険料率が決まり保険料が算出されます。

年齢条件 補償される人の年齢範囲
全年齢補償 車を運転できる全年齢を補償
21歳以上補償 21歳以上の人を補償
26歳以上補償 26歳以上の人を補償
30歳以上補償 30歳以上の人を補償
35歳以上補償 35歳以上の人を補償

このように、「全年齢補償」から「35歳以上補償」までの5段階に分かれていますが、保険会社によっては、「30歳以上補償」や「35歳以上補償」を提供していない場合もあります。この場合は、提供されている中で、最も自分の年令に近いものをセットするか、または「30歳以上補償」などを設けている保険会社で契約するかになります。

なお、保険会社のパンフレットなどには「30歳以上補償」や「30歳以上担保」、「30歳未満不担保」と言った表現になっている事もありますが、すべて同じことを意味しています。

つまり、「30歳以上補償」や「30歳以上担保」は、30歳以上の人は補償しますという意味で、「30歳未満不担保」は30歳になっていない人は補償しませんという意味になります。

年齢条件の範囲

自動車保険の年齢条件では、以下の人が対象になります。本人の他にも同居している親族まで対象になりますので、注意しておくといいでしょう。

  1. 記名被保険者
  2. 記名被保険者の配偶者
  3. 記名被保険者または配偶者の同居親族
  4. 上記の方の業務に従事中の人

年齢条件に関係なく補償される人

年齢条件は、上記1~4の人に適用されるので、それ以外の以下の人の場合は、年齢条件に関係なく補償される事にな ります。

  1. 帰省している子供
  2. 別居親族
  3. 知人・友人

ただし、運転者を限定(家族、本人、夫婦)している場合は、補償範囲内での適用となり、友人・知人や別居している既婚の子は補償されませんので注意してください。

若い同居家族が免許を取ったら年齢条件を見直す

一家に車は1台しかなく、その車には年齢条件が付いているような場合では、注意する点があります。

同居の家族が免許取り、その人が設定している年齢条件よりも若い人であれば、年齢条件を変更する必要があります。そのままにして置くと、その人の運転で事故を起こした場合に補償が受けられませんので、保険会社に連絡して変更をしておくと安心です。

年齢条件30歳以上補償・家族限定ありの場合

自動車保険を契約する際に、年齢条件と運転者限定を組み合わせて付けている人は多いと思いますので、この場合の具体例を載せておきます。

仮に、下記のように年令条件と運転者限定を付けたとします。

  • 年齢条件: 30歳以上補償
  • 運転者限定: 家族限定
年齢条件 年齢 補償の有無
記名被保険者 50歳
配偶者 49歳
同居の子供 20歳 ×
別居の未婚の子供 21歳
別居の親族 40歳 ×
友人・知人 50歳 ×

年齢条件と家族限定を付けた場合の補償範囲です。

年齢条件の範囲は、本人(記名被保険者)・配偶者・同居家族などですが、この場合、30歳以上補償としているので、20歳の同居の子供は年齢条件範囲外なので補償されません。

さらに、家族限定が付いているので、別居の親族、友人・知人は補償されない事になります。だたし、別居の未婚の子供は、年齢条件に関係なく補償される対象となります。

自動車保険の年齢条件:まとめ

年齢条件を設定することで、大幅に保険料を安くする事ができますが、家族が新しく免許を取った場合には、年齢条件を変更する必要が出てくる事もあります。条件変更は、いつでも受け付けてくれますので、忘れずに手続きするといいでしょう。

また、年齢条件と共に家族限定(契約者本人のみ、夫婦のみ、家族のみ)を付ける事で、こちらも保険料が割引され安くなりますので、検討してみるといいでしょう。

たとえば、国内大手損保の場合、契約者本人のみで8%、夫婦のみで6%、家族のみで3%の割引が受けられるようになっています。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑