*

自動車保険の車両料率クラスとは

自動車保険の車両料率クラスとは

 自動車保険の車両料率クラスは、保険料を決める際の基準として使われる、車の危険度をあらわす指標のようなものです。

これは、車種ごとに細かく「1~9」までの段階に分類されていて、数字が小さくなれば危険度が低いので保険料が安くなり、逆に、数字が大きくなれば、危険度が高いので保険料も高くなるという仕組みになっています。

一般的に、スピードが出やすいスポーツタイプの車は車両料率が高く、ファミリータイプの車は料率が低く設定されています。なお、軽自動車に車両料率クラスはありません。

車両料率クラスとは

たとえば、スバルのレガシーの場合でも、型式によって車両料率は細かく分類されていて、同じレガシーだから保険料は一緒という事にはなっていません。型式は車のタイプや年式によって違っていますが、自動車保険では、この型式別に決められている「車両料率クラス」を基に保険料が決まります。

車両料率が適用されるのは、「車両保険」、「対人賠償保険」、「対物賠償保険」、「搭乗者傷害保険(人身傷害補償保険)」の4種類の保険になり、それぞれに車両料率を適用して保険料が決まります。

車両料率クラスは9段階に分類されている

車両料率クラスは以下の9段階に区別されています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
左に行くほど危険度が低い・右に行くほど危険度が高い

車両料率は上記のように分類されていますが、一般的に、コンパクトカーやファミリータイプの車は、危険度が低い傾向にあるので、車両料率も低く保険料も安くなります。一方、スピードが出やすい車や、若い世代の人が好んで乗っているような車は、危険度が高い傾向にあるので、車両料率が高く保険料も高くなります。

車両料率クラスの決め方

車両料率クラスは、毎年「損害保険料率算出機構」という組織によって見直しされ新しくなります。

車両料率は、全国的な統計を基にして決められますが、「全国的に事故や盗難が多かった車」は料率が上がり、逆に、事故や盗難が少なかった車種は料率が下がります。料率と保険料は連動しているので、料率がその年上がれば、保険料は高くなります。

つまり、事故も起こしていないし保険も使っていないのに、保険料が安くならない、または高くなったというのは、こういう理由があるからです。

「車両保険」の車両料率クラスの一部を抜粋しておきます。

車種 型式 料率クラス 車両料率
トヨタ RAV4、
スズキ エスクード
SXA10G、TA01R 1 1.0
ホンダ CRV RD1 2 1.2
ホンダ アコード CD3 3 1.4
トヨタ エスティマ、
スズキ スイフト
ACR50W、ZD21S 4 1.6
マツダ アクセラ BLEFP 5 1.9
トヨタ アリスト JZS160 6 2.4
日産 シーマ HF50 7 3.0
レクサス LFA LFA10 8 3.6
スバル インプレッサ GDB 9 4.0

※ 2014年4時点の料率による。

この車両料率クラスによって保険料に差が出る事になり、料率クラス1と9では、4倍の開きが出てきます。この差は大きいです。

車両料率クラス:まとめ

車を買う時に、車両料率を考えながら買う人はいないかもしれませんが、乗る車の車種などによって、自動車保険の保険料が大きく違うという事を、知っておいていただければと思います。

補償の内容が同じでも、1万円の保険料で済む車と、4万円の保険料がかかる車があります。この差は大きいので、車を買う時には、車両料率クラスも参考にして、車を選ぶといいかもしれません。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑