*

軽自動車税が平成27年4月1日より増税になる

軽自動車税が平成27年4月1日より増税になる

 平成27年4月1日より軽自動車税が増税されることになりました。

税金などの維持費が安いことや、燃費が良いことなどもあって爆発的に普及してきた軽自動車ですが、乗用タイプの軽自動車では3,600円の増税となります。これは、今までの税額の1.5倍に相当します。

課税対象車 旧税額 新税額
自家用 業務用 自家用 業務用
5ナンバー自家用 7,200円 5,500円 10,800円 6,900円
4ナンバー貨物用 4,000円 3,000円 5,000円 3,800円

増税になるのは、平成27年4月1日からですので、それまでの3月31日までに新車を購入しておけば増税前の税額で課税されます。1日遅れるだけで増税後の税額が適用されますので、軽自動車を購入する予定がある方は、3月31日に間に合うように商談を進めると良いでしょう。

中古車に対する税額はさらに値上げ

中古車の中でも、新車登録してから13年以上経過した軽自動車に対しては、以下のように税額が改定されます。

課税対象車 旧税額 新税額
自家用 業務用 自家用 業務用
5ナンバー自家用 7,200円 5,500円 12,900円 8,200円
4ナンバー貨物用 4,000円 3,000円 6,000円 4,500円

最近の軽自動車は性能が良いので、新車から10年以上経過した車に乗っている方も多いと思います。また、中古車市場などでは、質の良い低価格の中古車が販売されていますが、これらの車の中には、新車登録から13年程度経過している車も珍しくありません。

このような13年以上経過している車について、平成28年度分の税金が上記のように現行の約1.8倍程度に増税されます。

具体的には、平成28年4月1日以降、新車時の車両検査から13年以上経過した車は、上記の表の通り5ナンバー自家用で12,900円、業務用で8,200円が課税されることになります。

軽自動車のエコカー減税

エコカー減税は、一定の燃費基準をクリアした車に対して、車を購入した翌年にのみ税額が50~75%軽減される制度ですが、この制度は軽自動車にはありませんでした。

しかし、今回の増税にともない、税額の軽減策として軽自動車でもエコカー減税が実施されることになります。

課税対象車 新税額 平成32年度燃費基準達成 平成32年度燃費基準達成+20%達成
自家用 業務用
5ナンバー自家用 10,800 6,900 8,100 5,200 5,400 3,500
4ナンバー貨物用 5,000 3,800 3,800 2,900 2,500 1,900

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑