*

任意保険の等級プロテクト特約は廃止になった

任意保険の等級プロテクト特約は廃止になった

 等級プロテクト特約は、等級がダウンするような事故を起こしても、保険期間のうちで1回のみ等級がダウンすることなく据え置きになる特約です。通常、事故を起こして保険を使えば、等級は3等級ダウンしますので、翌年の等級に大きな影響が出てしまいます。

事故の規模が大きくても小さくても、事故で保険を使えば等級は下がると言うのが常識となっていました。

ですが、この等級プロテクト特約を付帯していれば、現在の等級はそのまま維持される事になりますので、保険料にも影響を与えないという、契約者にとってはありがたい特約と言えます。

今までは、等級が下がる事や、保険料が上る事が嫌で、事故を起こしても保険を使わなかったドラーバーでも、年に1回までなら保険を使っても等級が下がる事がないので、安心して保険を使う事ができました。しかし、残念ながら、2012年10月の自動車保険の改定により、等級プロテクト特約は廃止され、現在ではどこの保険会社でも取り扱っていません。

保険会社では、いろいろな特約を発売するのですが、発売したのは良いけれど、どうも一般に受け入れられないとか、思った以上に収支が良くないなどの理由で廃止となる特約は多いようです。

等級プロテクト特約もその一つで、今までは保険を使わなかった契約者が、等級が下がらず保険を使えるので、保険会社の思惑以上に保険金を請求するケースが増えたようです。つまり、保険会社にしてみれば儲からない特約だったと言うことでしょう。

現在では、保険の種類(車両保険)によりますが、等級プロテクト特約は1等級ダウン事故として、形を変えて提供されています。この1等級ダウン事故は、等級プロテクト特約と違い殆ど全ての保険会社で取り扱われています。

なお、等級プロテクト特約を提供していた保険会社は、東京海上日動火災保険、損害保険ジャパン日本興亜などの代理店型の一部で取り扱われていただけで、通販型の保険会社での取り扱いはありませんでした。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑