*

軽自動車の任意保険の相場はどれくらいか

軽自動車の任意保険の相場はどれくらいか

車の販売台数が低迷しているなか、軽自動車の販売は比較的好調なようです。

年間の新車販売台数ランキングをみても、上位10車中の7台が軽自動車で占められていることでも、その人気が高さがわかるというものです。

では、そんな軽自動車で任意保険に入る場合、どれくらいの任意保険料になるのでしょうか?軽自動車の保険料の相場はどれくらいになるのか気になるところです。

まず、知っておかなければいけないことは、任意保険の保険料は、契約する人の年齢によって大きく異なるということです。同じ補償を付けた場合でも、年齢が若ければ保険料は高くなります。逆に、年齢が高ければ保険料は安くなります。

つまり、軽自動車の任意保険の相場は、普通車の場合と同様に一定の年齢層ごとに決まってくることになります。

実際の見積もりをみてみます。国内大手損保2社の見積もりを比べてみます。

見積もり条件

車種:スズキ・ワゴR 4WD タ-ボ スティングレ- T、型式:MH23S、等級:6等級(はじめて契約すると仮定)、走行距離:5000km以下、運転者限定:本人限定、対人・対物:無制限、車両保険:一般車両、免責金額:5-10万円、車両保険金額:70万円、人身傷害保険:3000万円、弁護士費用特約(300万円)

この条件で、国内損保のM損保とE損保の見積もりを比較します。(M損保もE損保もテレビCMでおなじみの会社です)

見積もり結果:スズキ・ワゴR
年齢
(年令条件)
M損保 E損保
保険料
(車両保険なし)
保険料
(車両保険なし)
18歳~20歳
(年令を問わず)
174,080円
92,910円
213,680円
126,170円
21歳~25歳
(21歳以上補償)
82,370円
45,840円
104,100円
61,710円
26歳~29歳
(26歳以上補償)
55,750円
36,140円
63,130円
40,080円
30歳~34歳
(30歳以上補償)
54,660円
35,410円
58,320円
37,030円
35歳~39歳
(35歳以上補償)
50,990円
33,050円
58,320円
37,030円
40歳~49歳
(35歳以上補償)
50,990円
33,050円
60,720円
37,790円
50歳~59歳
(35歳以上補償)
52,540円
33,980円
63,710円
39,350円
60歳~
(35歳以上補償)
54,280円
34,990円
63,710円
39,350円

※ 保険料の下段()中は車両保険なしの場合の保険料です。
※ 35歳以上補償の年齢条件を提供していない保険会社の場合は、「30歳以上補償」で契約することになります。
※ どちらの会社の場合も、保険料は月払い(分割払い)にも対応しています。

上記の見積もりは、任意保険に初めて入る人の場合で算出しています。初めて入る場合は、等級が6等級からのスタートとなるため、等級による保険料割引(※)はごく少額となります。

※ 初めて契約する場合の割引率は、年齢条件によって変わってきます。年齢条件が「年齢問わず補償」の場合28%割増「21歳以上補償」の場合3%割増、「26歳以上補償」からは9%割引となります。

上記の結果からも、年齢が25歳くらいまでは保険料も結構な額となっています。この年代の場合は、なかなか保険料は安くなりませんから、保険料を安くするような方法を考える必要があるかも知れません。

20歳以下10代の保険料を安くする方法
21歳から25歳までの保険料には年令条件が適用できる

初めて自動車保険に入る場合、年齢条件に「26歳以上補償」を付けられる年齢からは、車両保険を付けて5万円台が相場と言えそうです。また、車両保険を付けなければ3万円台が軽自動車の保険料相場と考えて良いでしょう。

前契約があって、等級が6等級よりも高い人の場合であれば、保険料は上記の場合よりも安くなりますが、上記の見積もりを見ても分かるように、保険料は保険会社によって大きく異なりますので、どの程度の保険料になるかは、実際に見積もりをして調べてみると良いでしょう。

ちなみに、先日、義父に頼まれて任意保険の見積もりを取りましたが、ダイハツ・ハイゼットの場合で、一括見積もりで出た保険料は14,450円~29,120円までと、かなり差が開いていました。しかし、今までの保険料が56,860円だったので、どの保険会社の場合でも保険料は相当安くなっています。

20等級だと車両保険を付けても、これくらいの保険料ですんでしまいます。もちろん、対人・対物は無制限、人身傷害は3,000万円、搭乗者傷害は500万円、弁護士費用特約を付帯、ロードサービスも付帯と、ある程度の補償はしっかり確保しています。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑