*

搭乗者傷害保険・人身傷害保険の保険金が支払われない場合

搭乗者傷害保険・人身傷害保険の保険金が支払われない場合

 車の任意保険には、同乗者や運転者自身を補償する「搭乗者傷害保険」と「人身傷害保険」があります。これらの保険の両方を付帯している方もいますし、片方だけ付けている方もいますが、事故にあって保険を使う時に、まれに保険金が支払われないケースがあるようです。

知らなかったのかも知れませんが、万一の時に保険が使えないのでは困りますので、どういう場合に保険金が出ないのか、覚えておくと良いでしょう。

なお、保険の詳細は、以下のページで確認していただきたいと思います。

搭乗者傷害保険の保険金が支払われない場合

搭乗者傷害保険は、自動車事故で契約している車に乗っている人がケガをしたり死亡した場合に、過失の有無に関係なく保険金が支払われる傷害保険です。

搭乗者傷害をセットすると、死亡または後遺障害を負った場合や、治療日数が5日以上の場合、搭乗者傷害から死亡・後遺障害保険金や、医療一時金が受取れます。(入通院日数が1日~4日の場合、一律1万円としている保険会社が一般的です)

契約の車に搭乗している契約者本人や、家族、友人を問わず全員が補償の対象となります。保険金は、搭乗されている方それぞれの人数分、1名につき保険金額を限度に支払われるという保険なのですが、場合によっては保険金が支払われない事がありますので要注意です。

「搭乗者傷害で保険金が支払われない主な場合」

  • 被保険者の故意または重大な過失によって生じた損害
  • 箱乗りなどの異常かつ危険な方法で契約の車に搭乗中の方に生じた損害
  • 被保険者が契約の車の所有者などから承諾を得ないで契約の車に搭乗中に生じた損害
  • 被保険者の脳疾患・疾病または心神喪失によって生じた損害
  • 無免許運転、麻薬などの影響で正常な運転ができないおそれのある状態での運転、酒気を帯びた状態での運転によって生じた損害
  • 闘争行為、自殺行為、犯罪行為によって生じた損害 など

上記は、ある保険会社の規定ですが、このような場合には「搭乗者傷害保険」からの保険金は支払われない事となります。

暴走などの違法行為や、車のシート以外の場所に乗っていた場合も保険金は出ません。車のシート以外の場所とは、たとえばトラックの荷台に乗っていた場合などです。

危険な乗り方や、飲酒運転・薬物を使った状態などの違法運転、心身喪失の危険な状態で運転などが無ければ、問題なく保険金が支払われます。

人身傷害保険の保険金が支払われない場合

人身傷害補償保険は、事故によって契約車両に乗っている人が死傷した場合に、過失割合に関係なく、治療費・休業補償(働けない間の収入)・慰謝料(精神的損害)などの損害を、契約金額の範囲内で補償してくれる保険です。

たとえば、相手がある事故の場合、自分の過失割合分については相手から補償されませんが、人身傷害をセットすると、自分の過失割合にかかわらず、実際の損害額を保険金として受取れることになります。

人身傷害は、運転者も含めて契約車両に乗っていた同乗者を補償するための保険となりますが、搭乗者傷害保険と同様に、保険金が支払われない場合があります。

「人身傷害補償保険で保険金が支払われない主な場合」

  • 被保険者の故意または重大な過失によって生じた損害
  • 箱乗りなどの異常かつ危険な方法で自動車に搭乗中の方に生じた損害
  • 被保険者が自動車の所有者などから承諾を得ないで自動車に搭乗中に生じた損害
  • 被保険者の脳疾患・疾病または心神喪失によって生じた損害
  • 無免許運転、麻薬などの影響で正常な運転ができないおそれのある状態での運転、酒気を帯びた状態での運転によって生じた損害
  • 闘争行為、自殺行為、犯罪行為によって生じた損害 など

となりますが、内容は「搭乗者傷害保険」の場合と、ほぼ同じになります。ただし、人身傷害保険のタイプによっては、この他にも「免責事由」があります。

人身傷害保険のタイプには、「車内のみ補償」と「車内・車外ともに補償」の2タイプがありますが、「車内・車外ともに補償」タイプの場合は、上記に加えて下記の項目も、保険金が支払われない場合に該当します。

  • 被保険者が記名被保険者や配偶者、またはこれらの方の同居の親族が所有または主として使用する他の自動車(二輪自動車、原動機付自転車を含む)に搭乗中の損害
  • 被保険者が使用者の業務(家事を除く)のために、その使用者の所有する他の自動車に搭乗中に生じた損害
  • 記名被保険者や配偶者の別居の未婚の子が所有または主として使用する他の自動車を自ら運転している場合で、被保険者がその自動車に搭乗中に生じた損害 など

つまり、家族や親族が所有している他の車に乗っていた場合は、補償の対象外となります。また、勤めている会社の営業車などの乗っていた場合も補償の対象外です。

この辺は少し勘違いしやすい部分ですが、家族や親族所有の車や、会社の車に乗っている場合の事故では使えないと覚えておくと良いでしょう。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑