*

自動車保険の見積もりをする際に使用目的は何を選べば良いのか

自動車保険の見積もりをする際に使用目的は何を選べば良いのか

 自動車保険の見積もりをする時に、「使用目的」という項目がありますが、これは何を選べば良いのでしょうか?

使用目的は自動車保険の保険料に関係してくる項目の一つで、これを正しく選択しておかなければ、事故を起こした場合に保険金が支払われない可能性もありますので、注意して選択しなければいけません。

それでは、まず使用目的がどういうものかを理解してください。

使用目的とは

使用目的は、文字通り「日常どういう目的で車を使っているか」という事になります。つまり、普段の車の使い方です。

普段の使い方として、仕事で使うのか、通勤や通学で使うのか、などを保険に入る際に「使用目的」として申告します。

毎日車に乗る人と、たまにしか乗らない人とでは、毎日車を運転する人の方が事故を起こす可能性は高くなります。保険会社では、事故を起こす可能性が高い場合、保険料を高くして事故のリスクに備えようとします。

このため、自動車保険の保険料を算出するときに、その車の「使用目的」を考慮しているのです。

使用目的
(保険料が安い順)
車の使い方
日常・レジャー 普段の買い物や土日や休日を利用したドライブなど
通勤・通学 その車を通勤や通学時に使用する
業務で使用 その車を仕事(業務)で使用する

車を通勤や通学、仕事で使わなければ、使用目的は「日常・レジャー」を選択します。

通勤・通学を選択しなければいけないのは、年間を通して月に15日以上、通勤や通学に車を使用する場合です。この場合、最寄の駅まで車で送ってもらっているような場合は含まれません。

業務で使用の場合は、定期的に車を業務(仕事)で使用する場合で、目安は年間を通じて月に15日以上仕事で使用なら、この使用目的を選びます。

どの使用目的を選べば良いか迷った場合は、「年間を通して月に15日以上」という目安を参考にして、ご自身の車の使い方に最も近いものを選ぶと良いでしょう。

保険料については、「日常・レジャー」が最も安くなり、次が「通勤・通学」、「業務使用」という順になっています。仕事や通勤など、ほぼ毎日ある程度の距離を乗る場合の方が保険料は高くなります。

ただし、保険料が高くなると言っても、年間で数千円程度の範囲内に収まっていますから、保険料を安くするために、使用目的を正確に申告しないと言うような事は避けた方がいいでしょう。

事故に遭った時に、申告された使用目的と実際の使用状況が違えば、「告知義務違反」となり保険金が支払われない可能性もありますので。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑