*

自動車保険の補償内容と補償額の決め方

自動車保険の補償内容と補償額の決め方

 自動車保険に入る場合の、補償額はどれくらいに設定したらいいのでしょうか?事故を起こした時に、補償が不十分だったと後悔しても、どうしようもありませんから、補償内容については慎重に決めたい部分です。

自動車保険を選ぶ時には、つい保険料だけに目がいきがちですが、補償内容をどうするかは最も重要な事になります。

自動車保険(任意保険)は、いろいろな保険が組み合わされて一つの「任意保険」を構成していますから、それぞれの補償額をどの程度にするかを個別に決めていく事になります。

自動車保険を構成する保険と補償額

自動車保険を構成する保険の、設定すべき補償額を個別にみていきます。

対人賠償保険
自動車事故で、他人を死傷させてしまった場合を補償してくれます。近年の判例などをみると、億単位の賠償額を請求されているケースもありますから、補償額は「無制限」としてください。保険料の見積もりをすると、ほとんどの場合、最初から「無制限」となっていますから、そのまま付帯するといいでしょう。
対物賠償保険
事故で他人の財物を壊してしまった場合を補償してくれます。つまり、電柱やガードレール、信号機、建物や店舗、家屋、電車やバス、タクシーやトラックなどを事故で壊してしまった場合に補償してもらえます。これも、最近では億単位の賠償判例が出ていますので、補償額は「無制限」とすると安心です。
搭乗者傷害保険
自動車事故で契約している車に乗っている人がケガをしたり死亡した場合に、過失の有無に関係なく保険金が支払われる傷害保険です。補償内容は、1名あたり、1,000万円~2,000万円となっている場合が多いようです。
人身傷害補償保険
事故によって契約車両に乗っている人が死傷した場合に、過失割合に関係なく治療費、休業補償、慰謝料などの損害を、契約金額の範囲内で補償してくれる保険です。
この補償は、3,000万円~無制限までに分類されていますが、一般的には、3,000万円で入る方が多く、次に5,000万円、無制限となっています。
車両保険
自動車事故によって車が損害を受けた場合に支払われる保険で、保険金額は、契約する車の年式や種類に応じた「時価」を基に決められます。
補償額については、契約車の市場価格が補償額になります。たとえば、修理代が100万円かかっても、その車の価値が80万円しかなければ80万円の補償しか受けられません。
自損事故保険
電柱やガードレールへの衝突や崖からの転落など、他の車がからまない単独事故で、運転者自身が死傷した場合に補償保険金が支払われます。
この自損事保険は、対人賠償保険を契約すると自動的にセットされるので、自分で新たにこの保険に加入する必要はありません。
無保険車傷害保険
自動車事故で契約車に乗っている人が、死亡または後遺障害になった場合で、加害者側の車が任意保険に加入していないなどの理由で、十分な補償を受けられない場合に補償し保険金が支払われる保険です。
この無保険車傷害保険も、任意保険に加入すると自動的に加入となる場合が多いので、新たに自分で加入する必要はありません。ただし、補償額をいくらにするかは選択しなければいけません。例えば、2億円や無制限など。

なお、上記の中の「人身傷害保険」と「搭乗者傷害保険」は、ともに搭乗者に対する補償を行う保険ですが、補償内容には重複する部分があります。このため、人身傷害を付けたら搭乗者傷害は外す、という選択をしている人もいます。

搭乗者に対する補償を充実させたいという人は、両方を付帯するケースもあります。ただ、基本的には、どちらか一方を付帯していれば補償としては十分ですから、その場合は人身傷害保険を3,000万円か5,000万円で付けるといいでしょう。

人身傷害補償保険と車両保険の補足

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険は、上記のように3,000万円で入る人が多くなっていますが、ある損害保険会社の場合では以下のようになっています。

補償額 補償額ごとの加入割合
無制限 17.6%
2億円 0.4%
1億円 4.6%
9,000万円 0%
8,000万円 0.4%
7,000万円 1.9%
6,000万円 0.1%
5,000万円 29.0%
4,000万円 0.2%
3,000万円 45.8%

人身傷害保険は、自分も含めて契約車両に乗っている人が死傷した場合に保険金が支払われる保険ですが、生命保険に加入している場合は、生命保険からも保険金が支払われる可能性があります。

そのため、家族構成や、加入している生命保険などの保険金も考慮しながら、人身傷害保険の保険金額を設定するといいでしょう。

車両保険

車両保険は、通常「一般型(一般車両や一般条件)」と「エコノミー型(車対車+限定A)」に分かれていますが、これによって補償される範囲にも違いがでています。

任意保険の保険料を大幅に節約したければ、車両保険は外した方がいいかもしれません。一般的に車両保険は、その補償金額に比べて保険料が高くなるため、保険料をとにかく安くしたいなら、車両保険は付けないという選択もあります。

もしくは、補償範囲の狭いエコノミー型(車対車+限定A)にするだけでも保険料は安くなります。自分の車に対して欲しい補償を検討してから、付ける車両保険のタイプを選択すると良いでしょう。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑