*

ダイレクト自動車保険とは

ダイレクト自動車保険とは

 最近、テレビCMでもPRしている「ダイレクト自動車保険(通販型自動車保険)」とは、どのような自動車保険でしょうか?

従来型の代理店型自動車保険と比べて、保険料が安くなると宣伝していますが、実際のところどうなのでしょうか?

ここでは、従来の代理店型とダイレクト型の自動車保険を比較しながら、両者の違いをみていきたいと思います。

代理店型とダイレクト型の自動車保険を比較

代理店型の自動車保険は以前からある形態で、損保会社の商品を損保会社に代わって販売する事から「代理店型」と言われています。ダイレクト型が出てくる以前はすべてこのタイプでした。

一方、ダイレクト型は、インターネットや電話を使う事で、いつでも自由な時間に見積もりから加入までが出来る販売方式のものを言います。1998年に保険業法が改正されたのを機に、よく耳にするようになりました。一般的にダイレクト型は、代理店型よりも保険料が安くなるという特徴を持っています。

ダイレクト型は、インターネットなどを介して販売する通信販売方式をとっているため、「通販型」とも呼ばれ、現在では外資系・国内系を問わず多くの保険会社で取り扱われるようになりました。

比較項目 代理店型 ダイレクト型
取扱商品 取扱商品に大きな差はないが、ダイレクト型特有の割引制度がある
見積・相談 保険代理店の担当者と補償内容などを相談しながら、自分に適した保険を選んでいく インターネットや電話などを使って、見積もりをしていくので複数社の比較ができる
申込手続き 代理店の担当者が行ってくれる インターネットやFAXなどを使って申し込む

代理店型は、直接代理店の担当者と相談しながら、見積もりから契約まで進めて行けるので、疑問な点があれば納得いくまで説明してもらえるメリットがあります。

ただし、その代理店が取り扱っている保険会社でしか見積もりする事ができません。補償内容や保険料は、保険会社によって違うのが当たり前ですから、この部分はデメリットとなります。

ダイレクト型は、インターネット環境などがあれば、いつでも見積もりをする事ができます。また、一括見積もりサービスが利用できるので、いろいろな会社の見積もりを見ながら納得いくまで比較できるメリットがあります。

なお、忙しくて時間がない方や、若い世代の方、保険料を徹底的に安くした方は、ダイレクト型を利用する傾向にあると言われています。一度見積もりをしてみて、保険料にどれくらいの差が出るか試してみてもいいかもしれません。

ダイレクト型はなぜ保険料が安いのか

自動車保険の保険料は以下の4つの要素から成り立っています。

  1. 損害率:保険金の支払に充てる部分
  2. 社費:保険会社の経費
  3. 利益:会社の儲けになる部分
  4. 代理店手数料:代理店に支払う販売手数料

このうち、1番目の損害率が全体の60%程度を占め、残りの40%が社費や代理店への手数料に使われています。代理店への販売手数料は、一般的に全体の2割弱と言われていますので、単純にこの部分が無くなるだけでも保険料は下がると想像できます。

つまり、ダイレクト型は一切「代理店」を介さない「通販型」のため、上記の「代理店への販売手数料」が不要となり、その分、保険料が安くなるという流れになっています。

ただ、通販型のような直接方式にする事で、社費(経費)は大きくなるでしょうから、単純に手数料分が安くなるという事ではないと思いますが、それでも、従来の代理店型よりも保険料が安くなる事は間違いないでしょう。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑