*

任意保険の特約

「 任意保険の特約 」 一覧

任意保険の対物全損時修理差額費用特約

2014/05/28 | 任意保険の特約

 対物全損時修理差額費用特約は、対物事故の場合に、相手の車の修理代がその車の時価額を上回り、その差額を負担しなければいけない場合の補償をしてくれる特約です。

対物賠償保険は、相手の車や財物の購入時の価格ではなく、現時点での時価額でしか補償を受けることができません。たとえば、事故を起こし相手の車の修理代が100万だったとしても、その車の時価額が80万円なら、対物賠償保険からは80万円までの補償額しか支払われません。

また、対物賠償保険での補償は、双方の過失割合に応じて支払われるものですから、過失割合が5対5の場合なら、対物賠償からは、時価額の50%までしか保険金は支払われない事になり、実際の修理費との間に差が開いてしまいます。

» この記事の続きを見る

ペット補償特約はペットの治療費・ペットホテル代を補償

2014/05/27 | 任意保険の特約

任意保険のペット特約は、車にペットを乗せている時に起こした事故で、ペットがケガをしたり死亡した場合に補償してくれる特約です。

補償内容は、自動車保険を契約している車で事故に遭った場合、一緒に乗っている人だけではなく、ペットが死傷した場合の治療費の実費が補償されます。また、本人や家族がその事故でケガをし入院している時に、ペットシッターやペットホテルを利用した場合、利用日数に応じてその費用も補償されます。

なお、ペットの範囲は犬と猫に限られているのが一般的です。

» この記事の続きを見る

任意保険の子供特約は子供が車を運転する場合の年齢条件

2014/05/26 | 任意保険の特約

 自動車保険の保険料は、運転者年令条件を設定する事で変わってきます。年令条件を「35歳以上補償」などとしていれば、保険料は割引されて安くなっています。

これまで、夫婦二人しか運転しなかった車を、子供が免許を取り運転するようになれば、夫婦の年令を基に「年令条件」をセットしているため、子供が運転して起こした事故は補償されない事になってしまいます。

こういう場合は、どうすればいいのでしょうか?

この場合は、年令条件を見直して「全年令補償」とするか、子供が21歳以上であれば「21歳以上補償」としなければ、事故の補償を受ける事ができません。しかし、年令条件を変更する事で保険料が大幅に高くなる事も考えられます。

こういう時に使えるのが「子供特約」です。保険会社によっては、子供追加特約などと言われている事もありますが、同じ意味だと考えてください。

» この記事の続きを見る

任意保険の他車運転危険担保特約は他人の車を運転した時の事故を補償

2014/05/26 | 任意保険の特約

 他車運転危険担保特約は、他人の車を運転していて起こした事故について、対人・対物の保険金が支払われる特約です。通常、任意保険に加入すると、自動的に付帯されるタイプの補償です。

ただし、記名被保険者が法人の場合、この特約はセットされないのが普通ですから要注意です。

どんな時に使えるのか?

たとえば、友人から車を借りて運転し、事故を起こした場合などです。借りた車も、任意保険には入っているでしょうが、その保険を使えば、翌年には等級が下がる事になり、保険料も上がってしまいます。

借りた車で事故を起こしたばかりか、金銭的にも迷惑をかけてしまいます。このような状況の時に、「他車運転危険担保特約」が役立ちます。

» この記事の続きを見る

任意保険の自損事故傷害特約は単独事故などを補償

2014/05/26 | 任意保険の特約

 自損事故傷害特約は、相手のいない単独事故や、相手に過失のない事故で運転者がケガをしたり死亡した場合に、保険金が支払われる特約です。

単独事故や相手に過失が無い自損事故とは、以下のような場合です。

自損事故のケース

  1. ハンドルを切り損ねてガードレールや電柱に突っ込む
  2. 雪道でスリップしてコーナーを曲がりきれず崖から転落
  3. 信号待ちで停車している車への追突
  4. センターラインをはみ出して対向車と衝突
» この記事の続きを見る

自動車保険の弁護士費用特約

2014/05/25 | 任意保険の特約

 自動車保険に入っていれば、事故を起こした際には、自分の加入している保険会社の担当者が、相手側と示談の交渉を行ってくれます。当事者同士で示談の交渉をすれば感情的になって、まとまる話しもまとまらなくなりますから、大変心強いサービスです。

しかし、すべての事故で保険会社が示談を代行してくれるとは限らないのです。

自動車保険は、事故によって損害を受けた他人を補償するための保険ですから、こちらに相手への賠償が発生しないような事故の場合は、保険会社による示談交渉は無いと考えなければいけません。

つまり、こちら側に非の無い以下に挙げるような100対0のような事故の場合では、示談交渉サービスは使えません。

» この記事の続きを見る

任意保険のファミリーバイク特約

2014/05/25 | 任意保険の特約

任意保険のファミリーバイク特約は、125cc以下のバイク及び原付バイクを対象とした特約で、他人にケガをさせた場合や、他人の車を壊してしまった時に保険金が支払われるものです。

自動車運転免許を取得すると原付にも乗れるようになりますので、高校生や大学生の子供が原付に乗るようになるかも知れません。このように、本人や家族が原付に乗る可能性がある時は、ファミリーバイク特約を付けておくと良いでしょう。

この特約で補償の対象になるのは、以下の人たちです。

» この記事の続きを見る
Page Top ↑