*

「 基礎知識 」 一覧

自動車保険の必要性

2014/04/04 | 基礎知識

自動車保険は本当に必要なのでしょうか?

ここでは、自動車保険の必要性について考えていきます。

自動車保険は、車を運転する人が任意で加入するものなので、自賠責保険に入っていれば良いと考える人も少なからずいるようです。

また、自動車保険の保険料は掛け捨てであって、かつ安くもありませんので、高いお金を払うのはもったいないと考える人もいるのでしょう。

実際に自動車保険の加入率は、自動車共済と民間の任意保険を合算して85%程度となっていますので、15%程度の人は自動車保険は不要と考えているのかも知れません。

» この記事の続きを見る

任意保険の運転者限定特約とは

2014/04/03 | 基礎知識

自動車保険は事故を起こす確率が低くなれば、低いほど保険料は安くなります。

事故を起こす確率を低くするためには、車を運転する人の範囲を狭く限定することも有効で、リスク細分型自動車保険では、運転者限定特約として提供されています。

運転者を限定する事で保険料を安くおさえるのが「運転者限定特約」もしくは「運転者家族限定特約」と呼ばれるものですが、ほとんどの保険会社では、契約や見積もり時に運転者の範囲を選択するようになっています。

仮に、運転者を「家族型」に限定すると、運転者と家族以外の人が運転して起こした事故は一切補償されません。もし家族以外の人も運転するようなら、この特約を付ける意味はありませんので、見直しが必要になります。

なお、保険会社では、いろいろなパターンの「運転者限定」条件を提示しているので、その中から自分にあったパターンを見つけて選択できます。

» この記事の続きを見る

交通事故傷害保険は交通事故や建物・乗り物火災などを補償

2014/04/03 | 基礎知識

車を運転していての事故を補償するのは自動車保険ですが、交通事故や建物・乗り物火災などによるケガを補償するは「交通事故傷害保険」と呼ばれる保険です。

自転車・バイク・自動車・バス・電車・航空機・船舶などに搭乗中、または歩行中に交通事故により傷害を被った場合などに、保険金が支払われます。

交通事故傷害保険は、事故の場合や、建物・乗り物などによる事故を補償する事を目的としている保険で、補償が限定されている事もあり、通常、傷害保険よりも保険料が安くなっています。

» この記事の続きを見る

自動車共済とマイカー共済

2014/04/02 | 基礎知識

自動車保険には、通常の損害保険会社が扱っているものの他に、共済という種類もあります。自動車保険に入る人の割合は、圧倒的に損保会社が提供している保険へが多いのですが、共済に加入している人も少なからずいます。

共済は、そもそも営利を目的としない、相互扶助の精神の上に成り立っている組合制度です。

そのため、共済の自動車保険に入る場合は、最初に組合員になる必要がありますが、掛金(保険料)が通常の自動車保険よりも安いなどのメリットもあるようです。(今回、実際に見積りした場合では、共済の方が保険料が高くなってしまいました)

» この記事の続きを見る

フリート・ノンフリート契約の違い

2014/03/30 | 基礎知識

自動車保険の保険証券には、「ノンフリート」や「ノンフリート等級」と言う記載があります。

自動車保険の場合は、所有する車の台数によって、フリート、ノンフリート、セミフリートなどの契約形態に分類されるため、保険証券には、現在の契約形態という事で「ノンフリート」などの記載があるのです。

では、個別にそれぞれの契約の特徴をみていきます。

まず、フリート契約は、所有する車の台数が10台を超えている場合のもので、主に企業などの契約形態になります。

個人で10台以上の車を所有している事は稀な事ですので、企業が入る自動車保険と考えて良いでしょう。

所有する車の台数が9台以下なら、通常ノンフリート契約になりますが、3台以上の車を所有している場合は、セミフリート契約になることもあります。

» この記事の続きを見る

自動車保険の加入率

2014/03/30 | 基礎知識

自動車保険の加入率は、日本損害保険協会の資料を参照すると全国平均で73.1%となっています。

ただし、この資料には自動車共済の数字が含まれていませんので、共済も含めると85%程度の加入率となっています。

この結果からすると、20%程度の人は、自動車保険(任意保険)に加入していない事になります。

それでは、全国的にみて自動車保険の加入率がどれくらいなのかを、都道府県別にみていきます。

» この記事の続きを見る

自賠責保険と任意保険の違い

2014/03/28 | 基礎知識

自動車保険には、自賠責保険と任意保険の2種類の保険があります。

自賠責保険は、車を購入した時や車検を受けた時に、車の販売店などで自動的に加入となります。自分の意思で加入しないという選択はできないので、「強制保険」とも言われています。

一方、任意保険は、自分からすすんで加入するタイプの保険のため、任意保険に加入していない人もいます。

任意保険に入るも入らないも個人の考え方で決まりますが、民間の保険会社と自動車共済などを合計して、約85%の人が任意保険に加入しています。

» この記事の続きを見る
Page Top ↑