*

基礎知識

「 基礎知識 」 一覧

任意保険の搭乗者傷害保険の免責事由

2014/12/23 | 基礎知識

搭乗者傷害保険は、自動車事故によって契約している車に乗っている人が死傷した場合に保険金が支払われる傷害保険です。

搭乗者傷害保険の補償を受けられるのは、任意保険を契約している車に乗っている同乗者とドライバー自身です。

同乗者は補償されるがドライバーは補償されないと勘違いし誤解されている場合もあるようですが、補償の対象になる人は「ドライバー自身」と「一緒に乗っている人」という事になります。

なお、搭乗者傷害保険の詳しい内容については「搭乗者傷害保険とは」で解説していますので、参考にしてください。

» この記事の続きを見る

任意保険の自損事故保険と無保険車傷害保険の免責事由

2014/12/22 | 基礎知識

以前の記事「対人賠償保険と対物賠償保険の免責事由」で、任意保険で最も重要な対人倍賞保険・対物倍賞保険の免責を説明しましたが、今回は「自損事故保険」と「無保険車傷害保険」についての免責事由を確認していきます。

任意保険の自損事故保険は、他の車が絡まない単独事故で、運転者自身が死傷した場合に保険金が支払われる保険です。

無保険車傷害保険は、事故に遭った時の相手が、任意保険に入っていないなどの理由で、十分な補償が受けられない場合に保険金が支払われる保険です。

自分で特に加入した覚えがないのに勝手に付いてくる(対人賠償保険に自動的に付帯される)保険ですので、あまり意識にはないかも知れませんが、もしもの時には、なにかと役立つ保険です。

» この記事の続きを見る

任意保険の対人賠償保険と対物賠償保険の免責事由

2014/12/20 | 基礎知識

交通事故の被害者が保険会社に対して保険金の請求をしても、保険金の支払を拒否される事があります。

保険金の支払を拒否される理由としては、「免責事由に該当する場合」「保険料が未払いの場合」「時効が成立している場合」などがあります。

なお、免責事由については、保険会社から渡される約款や保険会社のホームページに書かれていますので、一度目を通しておくと良いでしょう。

保険会社のホームページには「保険金をお支払できない場合」などとして書かれていますので、注意して確認すると良いでしょう。

免責事由は、任意保険の各保険ごとに決められていますが、ここでは、対人賠償保険と対物賠償保険の場合の主な免責事由を確認してみます。

» この記事の続きを見る

車の保険の種類・内容・特約

2014/12/19 | 基礎知識

車の保険は、自賠責保険と任意保険の2種類です。

自賠責保険は、車を買うと必ず入る保険なので強制保険とも言われています。

任意保険は、車を運転する人が任意に入る保険で、自家用自動車総合保険(SAP)の内容を基に、必要に応じていろいろな特約を自由に組み合わせることができます。

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法(自賠責法)に基づいて決められた強制保険で、車の所有者は加入が義務づけられており、自賠責保険に加入せずに車を運転すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。

» この記事の続きを見る

交通事故の治療には健康保険を使う

2014/12/17 | 基礎知識

交通事故に遭ってケガをした場合には、以前に「交通事故で労災保険を使う」の中でご紹介した労災保険の他にも、健康保険が使えます。

交通事故に遭った場合は、治療のために病院に行きますが、その時に病院の窓口で「交通事故の場合は自由診療になります」と言われる事があります。

しかし、これは病院側の都合であって、被害者(患者)がどの保険を使うかは本人の自由です。(厚生労働省も交通事故で健康保険が使えると、通達をだしています)

たとえ窓口で自由診療と言われても、「健康保険でお願いします」とハッキリ意思を伝えることが大事です。

病院の言うとおりの自由診療で治療をお願いすると、後で高額な治療費を自己負担しなければいけない可能性がありますので、気をつけましょう。

» この記事の続きを見る

交通事故で労災保険が使える

2014/12/16 | 基礎知識

交通事故に遭った被害者が使える保険には、自動車保険の自賠責保険や任意保険の他にも、労災保険や健康保険などがあります。

交通事故で保険を使う場合、必ず自賠責保険を使うと法律で決められているわけではなく、自賠責保険でも労災保険でも自由に選択して使う事ができます。(自賠責保険と労災保険を重複して使うことはできません。)

ただし、労災保険を使う場合は、被害者が通勤途中であった場合や、業務上で被害にあった場合となりますので、一般的な場合は自賠責保険を使うと考えていた方が良いでしょう。

» この記事の続きを見る

自動車保険の契約内容変更が必要になる場合と手続き方法

2014/11/27 | 基礎知識

自動車保険の契約中に契約内容の変更があったときは、契約期間の途中であっても契約変更の手続きが必要になります。

自動車保険の保険料は、契約した人や契約した車によって変わってきますので、これらに変更があった場合は、直ぐに保険会社へ連絡して手続きをしてください。

特に、運転する人の年齢や、運転する人の範囲、車両入替などで補償の対象になる車が変わった場合には、直ぐに変更の手続きをした方が良いでしょう。

手続きをしないで放置し事故を起こした場合、補償されない可能性も有りますので気をつけてください。

» この記事の続きを見る
Page Top ↑