*

保険料・保険金

「 保険料・保険金 」 一覧

自動車保険の割引で保険料を安くする

2014/05/16 | 保険料・保険金

 自動車保険には、保険料を安くするための色々な割引があります。よく知られているのは、年令条件割引や運転者限定割引などですが、中には通販型特有のインターネット割引というものもあります。

自動車保険の割引には、ゴールド免許割引などのように「契約する人」に対するもの、ABS割引などの「車」に対するもの、長期優良割引などの「契約」に対するものに区分けする事ができます。それぞれで割引率は異なっていますが、年令条件や運転者限定のように、大きく保険料に影響を与える割引もあります。

保険会社によって、提供している割引制度に違いはありますが、これから加入しようとしている自動車保険の割引をチェックして、利用できるものがあれば、保険料が大きく変わる事もありますから、積極的に使っていくと良いでしょう。

» この記事の続きを見る

長期優良割引は無事故期間が長い優良な契約者に対する優遇

2014/05/15 | 保険料・保険金

長期優良割引は、長期間にわたって事故を起こしていない、優良な契約者を優遇するための割引制度です。

この長期優良割引制度は、保険会社を変えた場合でも適用されるのが一般的で、長期優良割引が適用されているから、保険会社を変える事ができないというような事はありません。

自動車保険には、ノンフリート等級制度というものがあり、加入した当初は6等級から始まります。そして、事故を起こさず1年間が過ぎれば、翌年は7等級と1つ等級が上がります。そして、これを繰り返し最終的には20等級まで等級は上がっていきます。(※ 20等級が等級の上限)

» この記事の続きを見る

ゴールド免許の人は自動車保険の保険料が割引になり安くなる

2014/05/15 | 保険料・保険金

ゴールド免許は、過去5年のあいだ無事故無違反を通してきた、優良運転者に対して交付される免許証の事ですが、このゴールド免許を持っていると自動車保険の保険料が割引になる事があります。

現在の自動車保険はリスク細分型になっていて、事故を起こす確率が低い契約者を優遇するような仕組みになっています。

ゴールド免許は、事故や違反のない優良運転者に与えられるものですから、リスク細分型の考え方からいっても、事故を起こさないリスクの低い運転者という事になり、この免許を持っている運転者に対して「ゴールド免許割引」で優遇しています。

保険料の割引率は、一般的には4%~7%程度で、保険会社によっては10%の割引を行う場合もあります。自動車保険には、いろいろな割引がありますが、その中でもゴールド免許割引の割引幅は、相当に大きなものになっています。

» この記事の続きを見る

自動車保険のイモビライザー割引

2014/05/12 | 保険料・保険金

イモビライザー割引は、盗難防止装置のイモビライザーが付いた車を対象にした割引制度です。

自動車保険では、盗難防止装置「イモビライザー」の付いた車に対する割引が受けられますが、割引率は一般的に3%程度となっている場合が多いようです。

車の盗難自体は2003年から年々減少する傾向にありますが、それでも、2012年11月の1ヶ月間で500台程度の車が盗難にあっているという調査結果を、日本損害保険協会というところが公表しています。まだまだ多くの車が盗難の被害にあっているようです。

» この記事の続きを見る

自動車保険の保険料を安くするための3つのポイント

2014/05/11 | 保険料・保険金

 自動車保険の保険料は、誰でも安くしたいと思うものです。ですが、保険料を安くする事ばかり考えていると、必要な補償まで削ってしまいかねません。

ここでは、必要な補償は確保しつつ保険料を安くし節約するポイントを3つご紹介しますので、参考にして頂ければと思います。

自動車保険は自分で必要な補償の内容を選びながら、ある程度自由に設計していく事ができますから、ポイントを押さえて設計する事で保険料を今よりも安くする事が可能になります。

対人賠償保険と対物賠償保険のような基本的な補償は削らずに、その他の部分で安くするポイントを探していきます。

  1. 補償内容を見直す
  2. 車両保険を見直す
  3. 割引を活用する
» この記事の続きを見る

カウント事故・1等級ダウン事故・ノーカウント事故

2014/05/10 | 保険料・保険金

 自動車事故を起こした時に保険を使うと、通常は翌年のノンフリート等級は下がります。ただし、ノーカウント事故といって、翌年の等級に影響が出ることなく通常通り等級が1つ上る場合もあります。

起こした事故の種類により、カウント事故、1等級ダウン事故、ノーカウント事故に分類され、翌年の等級には影響が出ない場合や、翌年に1等級や3等級下がる場合などに分かれています。

なお、2012年10月の自動車保険の等級制度の改定により、「等級すえおき事故」が「1等級ダウン事故」へと改められました。また、以前は事故を起こしても等級が維持される「等級プロテクト特約」がありましたが、現在ではどこの保険会社でも見かけなくなりました。

» この記事の続きを見る

自動車保険の保険料は月払いができるの

2014/04/21 | 保険料・保険金

通常、自動車保険の保険料は、年間分を一括で支払いますが、なかには月払いや分割払いで支払える保険会社もあります。

ただ、その分保険料は少し割高となりますが、一挙に数万円~数十万円のお金が出て行かないので、負担は軽く感じるかもしれません。

特に若い世代の人の場合は、年間の保険料が10万円を超える事も珍しくありませんので、こういう時は、月払いで支払うと良いかもしれません。

月払いの分割で支払う場合は、10回や12回などの回数に分けて払込していきますが、通販型のすべての保険会社で月払いを利用できるわけではありません。

そこで、保険料の支払いにクレジットカードを利用すれば、実質的に分割払いと同じ事になりますので、クレジットカードを持っている人は利用しても良いかもしれません。(同じクレジットカードでもデビットカードは一括決済なので対象外となります)

» この記事の続きを見る
Page Top ↑