*

保険料・保険金

「 保険料・保険金 」 一覧

軽自動車税が平成27年4月1日より増税になる

2015/03/01 | 保険料・保険金

 平成27年4月1日より軽自動車税が増税されることになりました。

税金などの維持費が安いことや、燃費が良いことなどもあって爆発的に普及してきた軽自動車ですが、乗用タイプの軽自動車では3,600円の増税となります。これは、今までの税額の1.5倍に相当します。

» この記事の続きを見る

臨時運転者特約を取り扱う保険会社は無くなりました

2014/12/25 | 保険料・保険金

 自動車保険に加入している人は、保険料を安くするために、年令条件や運転者限定などを設定している事と思います。

たとえば、35歳の人が任意保険を契約する場合、通常は年令条件を「30歳以上補償(保険会社によっては35歳以上補償をセットできる事もある)」と設定しています。こうする事で、保険料を安くする事ができるので、多くの人が年令条件を設定しています。

しかし、この年令条件よりも年令の若い人が車を運転すると、設定した年令条件から外れる事になるため、事故を起こしても保険金が支払われないという事態になってしまいます。この場合、自動車保険の年令条件を引き下げれば問題ないように思いますが、そうすると保険料が上る事になるので、簡単に年令条件を変えるわけにもいきません。

» この記事の続きを見る

任意保険の等級プロテクト特約は廃止になった

2014/12/24 | 保険料・保険金

 等級プロテクト特約は、等級がダウンするような事故を起こしても、保険期間のうちで1回のみ等級がダウンすることなく据え置きになる特約です。通常、事故を起こして保険を使えば、等級は3等級ダウンしますので、翌年の等級に大きな影響が出てしまいます。

事故の規模が大きくても小さくても、事故で保険を使えば等級は下がると言うのが常識となっていました。

ですが、この等級プロテクト特約を付帯していれば、現在の等級はそのまま維持される事になりますので、保険料にも影響を与えないという、契約者にとってはありがたい特約と言えます。

» この記事の続きを見る

軽自動車の任意保険の相場はどれくらいか

2014/12/18 | 保険料・保険金

車の販売台数が低迷しているなか、軽自動車の販売は比較的好調なようです。

年間の新車販売台数ランキングをみても、上位10車中の7台が軽自動車で占められていることでも、その人気が高さがわかるというものです。

では、そんな軽自動車で任意保険に入る場合、どれくらいの任意保険料になるのでしょうか?軽自動車の保険料の相場はどれくらいになるのか気になるところです。

まず、知っておかなければいけないことは、任意保険の保険料は、契約する人の年齢によって大きく異なるということです。同じ補償を付けた場合でも、年齢が若ければ保険料は高くなります。逆に、年齢が高ければ保険料は安くなります。

» この記事の続きを見る

任意保険の保険金請求に必要な書類の一覧

2014/12/07 | 保険料・保険金

 任意保険の保険金請求は、加害者と被害者の双方ができますが、実質的には被害者側が請求する場合が多くなっています。

これは、加害者が保険金を請求できるのは、判決が確定した時や、裁判上の和解・調停が成立した時、示談が成立した時となっている事と、被害者に対する治療費などの賠償が済んだ後となっている事が主な理由です。

保険金を請求する場合は、自賠責保険への保険金請求も含めて、任意保険の保険会社が窓口となり手続きを行ってくれます。なお、任意保険の保険金は、自賠責保険の補償額を超えた分についてのみ支払われます。

つまり、自賠責保険の保険金の範囲内の損害であれば、任意保険からは保険金が支払われない事になりますので、覚えておくと良いでしょう。

任意保険の保険金請求については、「任意保険の保険金請求方法」で詳しく解説していますので参考にしてください。

» この記事の続きを見る

任意保険の保険金請求方法

2014/12/05 | 保険料・保険金

 任意保険の保険金は、判決が確定した時や、裁判上の和解・調停が成立した時、示談が成立した時に請求できる事になっています。

この場合、原則としては加害者が保険会社に対して保険金を請求しますが、実際には被害者が保険金を請求することも認められています。

なお、事故が起きてから保険金が支払われるまでの流れは以下のようになりますので、事故を起こしたらなるべく早く保険会社に連絡することです。

  1. 事故が発生
  2. 保険会社へ通知(任意保険の保険会社)
  3. 裁判・調停・示談交渉など
  4. 保険金の請求・支払

通常、自動車保険には示談交渉サービスが付帯していますので、保険会社へ連絡後は、すべて保険会社の担当者や担当チームがやってくれます。

なお、自賠責保険の保険金請求方法については、下記のページをご覧ください。

自賠責保険の保険金請求方法

» この記事の続きを見る

車両保険の保険金が支払われない場合

2014/12/03 | 保険料・保険金

 車両保険は、事故によって車が損害を受けた場合に支払われる保険ですが、ある保険会社の場合の車両保険の付帯率は、任意保険に入った人の約5割の方が「一般車両タイプ」を、約2割の方が「車対車+Aタイプ」を契約しているそうです。

車で事故を起こし自分の車を修理する際に役立つ車両保険ですが、どんな場合でも保険金が支払われるわけではありません。保険金が支払われないケースもありますので注意が必要です。

なお、車両保険の詳細は、以下のページで確認していただきたいと思います。

» この記事の続きを見る
Page Top ↑