*

「 任意保険 」 一覧

任意保険の見積もり・契約・乗り換え時に必要な書類と手続き方法

2014/11/26 | 任意保険

 任意保険の見積もりをする場合や、今の保険をそのまま継続する場合、保険会社を別のところに乗り換える場合などの手続きをする時に、必ず必要になるのが「車検証」や「免許証」です。

また、安い自動車保険が見つかったので、その保険会社へ乗り換える時には、上記の書類の他に今の自動車保険の「保険証券」も必要になります。

これらの書類は、代理店型の任意保険でも、ネット経由で見積もりや契約をするダイレクト自動車保険の場合でも必ず必要になりますので、書類を手元においてから見積もりや契約などの手続きを始めると良いでしょう。

「任意保険の見積もり時などに必要なもの」

  1. 車の情報が記載された「車検証」
  2. 契約者の情報が記載された「運転免許証」
  3. 補償内容が記載された「保険証券」(乗り換えの場合)

これだけの書類をそろえてから、手続きに入ります。

» この記事の続きを見る

日産・セレナの任意保険加入例と保険料(40代-セゾン自動車保険)

2014/11/25 | 任意保険

 下記は、40代の男性が日産・セレナで「セゾン自動車保険(おとなの自動車保険)」の任意保険に加入した場合の、保険料を試算したものです。日産・セレナで自動車保険に入ろうとしている方は、参考にしてください。

このケースは、「趣味がアウトドアで、週末は家族や友人とキャンプに行ったり、山登りしたり」「山の方は危険な道が多いし、道幅も狭いので、子供たちのためにも保険はしっかり準備しておきたい」「基本の補償がトリプル無制限なのは安心だし、人身傷害に関する補償も細かく選べるのが嬉しかった」「ロードアシスタンスを外して保険料を節約できる」という男性の場合です。

なお、家族構成は、男性本人、妻(42歳)、息子(12歳)、娘(10歳)の4人家族です。

» この記事の続きを見る

日産・セレナの任意保険加入例と保険料(50歳-そんぽ24)

2014/11/24 | 任意保険

 下記は、50歳の男性が日産・セレナで「そんぽ24」の任意保険に加入した場合の、保険料を試算したものです。日産・セレナで自動車保険に入ろうとしている方は、参考にしてください。

このケースは、運転者限定特約を運転者家族限定とし、運転者年令条件を21歳以上補償としている事から、契約車両を運転するのは、契約者の男性と21歳以上26歳未満の子供とみる事ができます。なお、奥さんも運転するかもしれません。

加入した時の契約内容は以下の通りです。

» この記事の続きを見る

車の事故を起こした時に任意保険に入っていなかったら

2014/11/23 | 任意保険

 自動車保険には、強制加入となる自賠責保険と、自分からすすんで加入する任意保険とがあります。

自賠責保険は車を買った時や、車検を受けた時に自動的に加入になっているハズですから、あまり心配することはありません。しかし、任意保険に関しては、そうはいきません。

任意保険の加入率は、民間の車の保険と自動車共済などの加入実績の合計数字で、85%程度となっています。実に15%程度の人は任意保険に加入しないまま道路を走っている事になります。

任意保険に加入しない理由は、ただ単にお金が無いから、自分は事故を起こさない自信があるから、または、任意保険の満期が来ていたのを忘れて更新していないなどの理由が考えれれます。

» この記事の続きを見る

車の任意保険の相場は一括見積もりで分かる

2014/11/22 | 任意保険

 任意保険に入ろうとしている人は、自分や自分の車の場合の「保険料相場」がどれくらいか、知りたいと思うことでしょう。しかし、任意保険には明確な相場というようなものは存在しません。

ただ、これくらいの年令で、車種は一般的なファミリーカーで、等級はこれくらいで、補償は対人賠償から車両保険まで付けてという場合は、ある程度の保険料はみえてくるかも知れませんが、それがそのまま相場とはなりません。

任意保険に入る人それぞれで条件が違うわけですから、自分の条件でどうなるかは、実際に調べてみないと分からないという事になります。

» この記事の続きを見る

車の任意保険は一括見積もりで安い保険が見つかる

2014/11/21 | 任意保険

 車の任意保険は、同じ補償内容であっても保険会社ごとに保険料が違ってきます。これは、以前の記事(車の任意保険の保険料が安い保険会社を見つける方法)でも紹介しましたが、保険会社ごとに必要となる経費や、保険料を決める基準が異なるためでした。

また、現時点の条件ではA保険会社の保険料が安いが、何年か経った時の条件ではB保険会社の保険料が安いといったように、その時の年令や等級、運転者の範囲、免許証の色などで保険料が異なってきます。つまり「常にここの保険会社の保険料が安い」とならないのが任意保険の料金なのです。

その時の自分にとって、最も安い任意保険を見つけるためには、車の保険の見積もりを取る時には、複数の会社に見積もり依頼をしなければいけない事になります。

» この記事の続きを見る

車の任意保険の保険料が安い保険会社を見つける方法

2014/11/20 | 任意保険

 車の任意保険は、車種、年令、等級、運転者の範囲、車両保険の有無などによって保険料が大きく変わってきます。さらに、同一条件で見積もりをした場合でも、保険会社によって保険料に差が出てきます。

これは、保険会社によって、人件費や広告宣伝費などの経費に差がある事や、保険料を算定する時の基準値などが異なっているためです。

車の任意保険には、インターネット経由で見積もりから契約までできる「通販型のダイレクト自動車保険」と、国内で以前から販売されていた「代理店型の自動車保険」の2種類が存在しています。

これらの、2つを比較した場合、保険料に関しては、代理店という販売組織を持たないダイレクト自動車保険が、代理店に支払う経費が無い分だけ安くなります。

» この記事の続きを見る
Page Top ↑