*

損害賠償の基礎

「 損害賠償の基礎 」 一覧

収入の少ない高齢者の損害賠償

2015/10/05 | 損害賠償の基礎

人は誰も年をとれば収入は少なくなります。現役で働いていた頃と比べれば、収入は格段に少なくなります。

では、そういう収入の少ない高齢者の人が、事故に遭って死亡した場合には、どのような損害賠償を請求できるのでしょうか?

» この記事の続きを見る

死亡事故の積極損害としてどいう費用を請求できるの

2015/06/04 | 損害賠償の基礎

事故の被害の中で最も深刻なのが、被害者が死亡するということでしょう。

もし、事故で死亡するような被害にあった場合、そのことによって被る損害には「積極損害」「逸失利益」「慰謝料」などの種類がありますが、このなかの「積極損害」として請求できるのは、大きくわけて以下の3種類の費用となります。

» この記事の続きを見る

後遺障害の損害賠償は男性と女性で違いはあるの

2015/05/15 | 損害賠償の基礎

運悪く事故に遭って、後遺障害を負ってしまった場合は、その後遺障害の程度によって、自賠責保険や任意保険から損害倍賞のための保険金が支払われますが、この保険金は男性と女性の場合で違うことがあるのでしょうか?

これについては、容姿(具体的には、顔)にキズが残ってしまった場合は、男性よりも女性の方が損害賠償額が大きくなります

社会通念上、男性よりも女性の方が、顔にキズを負い、見た目の感じが悪くなったことで、不利益を被る可能性が大きいと言うのが理由です。

» この記事の続きを見る

事故で後遺症が残った場合の介護料や慰謝料の請求

2015/05/05 | 損害賠償の基礎

事故に遭った被害者に後遺症が残り、介護が必要となった場合には、介護のための付添費用や精神的苦痛に対する慰謝料を請求することができます。

具体的には、介護が必要な後遺障害の1級や2級に該当する場合、介護のために介護料を請求することができます。

» この記事の続きを見る

事故で長期入院・通院した場合の慰謝料はどれくらい

2015/05/04 | 損害賠償の基礎

事故に遭った被害者は、事故によるケガの治療費や、事故に遭って仕事を休んだことによる休業補償を請求できますが、このとき同時に、事故によって被った精神的な損害を賠償するための慰謝料も請求できます。

ケガの治療費は、医療機関からケガの治療費として請求されますので、明確に金額が分かりますし、休業補償についても、前年の収入などを基に計算することができますから、こちらも金額の算定は容易だと思います。

» この記事の続きを見る

ケガの治療で鍼灸などの東洋医学や先進医療を受けた場合は倍賞請求に含めていいの

2015/05/04 | 損害賠償の基礎

事故でケガをして入院や通院をした場合は、入院費や診療費などのケガの治療にかかる費用を、損害賠償として加害者に請求することができます。

では、ケガの治療の際に、漢方、鍼灸、按摩、養生法(薬膳、薬草茶など)などの東洋医学や、一般的な診療ではない先進医療を受けた場合の費用は、加害者に請求できるのでしょうか?

» この記事の続きを見る

ケガの治療をしてくれた医師への謝礼は倍賞請求に含めていいの

2015/04/24 | 損害賠償の基礎

事故でケガをして入院や通院をした場合に、治療してくれた医師へは、感謝の気持ちを込めて謝礼を渡したくなるものですが、この謝礼は損害賠償請求をする際に、含めてもいいものでしょうか?

一般的には、医師への謝礼は、治療中や入院中にお世話になったという感謝の気持ちからするものですから、それを倍賞請求に含めるというのは、どうも納得がいかないと考える人もいると思います。

» この記事の続きを見る
Page Top ↑