*

「 過失相殺 」 一覧

高速道路で「歩行者・工事中の人」との事故の過失相殺

2014/12/13 | 過失相殺

 高速道路での、走行車両と歩行者の事故の場合です。通常、高速道路を人が歩いていることは少ないのですが、高速上で工事をしている関係者や、車が故障した運転者などはたまに見かける事があります。

こういう高速を歩いている人との事故のケースをみていきます。

高速道路の歩行者高速道路上で工事中の人

図1は、高速道路本線上を歩いている人との事故のケースです。ふらっと迷い込んだ人や、高速で車が故障した運転者の場合などが想定されます。

図2は、高速で工事をしている工事関係者との事故の場合です。高速で工事をしているケースや、除雪などの作業をしているのは、よく見かけます。

» この記事の続きを見る

高速道路で「急ブレーキ、駐車車両へ追突、落下物がある」場合の事故の過失相殺

2014/12/12 | 過失相殺

 高速道路で急ブレーキをかけた車に後続の車が追突した場合や、路肩などに駐停車している車に追突した場合、走行車線上にある落下物に追突した場合の過失割合をみていきます。

駐停車車両への追突事故路肩に駐停車している車への追突事故落下物による事故

図1は、高速道路本線に駐停車している車に後続の車が追突した場合と、本線で急ブレーキをかけた車Aに後続の車Bが追突した場合です。

図2は、路肩に駐停車している車Aに、車Bが追突した場合で、図3は、高速走行車線上に物を落下させた車Aと、それに追突した車Bのケースです。

» この記事の続きを見る

高速道路合流地点での車同士の事故の過失相殺

2014/12/11 | 過失相殺

 高速道路の進入路から進入する際の事故として、高速道路との合流地点で衝突したケースで過失割合をみていきます。

進入路から進入する際の事故追越車線や走行車線からの進路変更時の事故

左図は、高速道路進入路から高速道路本線へ進入する際の事故で、右図は、追越車線や走行車線からの車線変更に伴う割り込み事故を表しています。

» この記事の続きを見る

自転車と車の事故-交差点事故の過失相殺

2014/09/17 | 過失相殺

 自転車と車が共に直進していて、交差点で事故を起こした場合の過失相殺です。この事故の場合、交差点に信号機があるかないかによって過失割合は異なります。

自転車と車のすべての事故のケースで、車が悪いと考えがちですが、自転車にも事故を起こした責任がありますから、当然ですが過失が問われます。

» この記事の続きを見る

左折する車と直進するバイクの事故-交差点事故の過失相殺

2014/09/13 | 過失相殺

 バイクは通常、車の左側を走っていますので、車が交差点で左折する場合、左を走っているバイクに気がつかない事があります。左折する際に、左側を直進するバイクを巻き込むような形で事故を起こすケースはよくある事です。

交差点を左折する車と、交差点を直進するバイクの事故では、車が左折する際にあらかじめ左側に寄ってから左折を開始したかどうかによって過失割合は異なってきます。

» この記事の続きを見る

過失相殺「車とバイク」の事故

2014/09/13 | 過失相殺

 信号機のない交差点で、車とバイクが事故を起こした場合の、過失割合は以下の通りになりますが、道路の幅が同程度か、一方が広くて一方が狭い道路の場合では、微妙に過失割合は異なっています。

» この記事の続きを見る

T字路での事故の過失相殺

2014/09/12 | 過失相殺

 T字路交差点の事故の場合は、直進車と右折・左折車が事故を起こすケース、または、右折車同士の事故の場合があります。これらの事故では信号機のありなしに関わらず、一定の基本過失割合が設定されています。

» この記事の続きを見る
Page Top ↑